Apple、macOS 10.15 CatalinaおよびmacOS 11 Big Sur向けに「Safari Technology Preview v109」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.15 CatalinaおよびmacOS 11 Big Sur向けに「Safari Technology Preview v109」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKitチームは現地時間2020年06月25日、AppleOSのデフォルトブラウザであるSafariの次期バージョンで採用が予定されている新機能や不具合修正を行った「Safari Technology Preview v109 (以下、STP v109)」をリリースしたと発表しています。

Safari Technology Preview v109

Safari Technology Preview Release 109 is now available for download for macOS Catalina. With this release, Safari Technology Preview is now available for betas of macOS Big Sur. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update in the Software Update pane of System Preferences on macOS. Safari Technology Preview is currently only available for Intel-based Macs.

Release Notes – Safari Technology Preview – Safari – Apple Developer

 STP v109からはシステム要件がmacOS 10.15 CatalinatおよびmacOS 11 Big Surとなっており、WWDC20の基調講演の中でも紹介された新しいプライバシーレポート機能や新規ページ(タブ)のカスタマイズ、マウスカーソルホバーでのWebサイトプレビューFlashの廃止などが行われています。

Safari v14の新機能

スポンサーリンク

おまけ

 既に、iOS 14/iPadOS 14、macOS Big Surの「Safari 14」サポートされることが発表されている、Googleが開発した画像フォーマット「WebP」のサポートはmacOS 10.15 CatalinaのSTP v109では確認できなかったので、今後追加サポートされると思われます。

Safari Technology Preview 109 WebP