Microsoftは2019年末以降、Microsoft AutoUpdate経由での「Office for Mac」のアップデートサイズを大幅に削減することに成功したもよう。

スポンサーリンク

 Microsoftは2019年末以降、Microsoft AutoUpdate経由での「Office for Mac」のアップデートサイズを大幅に削減したようです。詳細は以下から。


 Microsoftは2019年末、同社のオフィススイートOffice for MacやMicrosoft Edgeブラウザのアップデートを提供する「Microsoft AutoUpdate (以下、MAU)」アプリをアップデートし、新しいエンドユーザーエクスペリエンスが利用できるようになったと発表していましたが、

左 : ダウンロードサイズが数百MBある旧MAU、右:ダウンロードサイズが数十MBになった現在のMAU

この後、MAUを通して配布されるOffice for Macのアップデートサイズがかなり縮小されているのが気になり調べていたところ、Microsoftは昨年末(09月~10月)にかけて、MAUをアップデートするとともに、配布方式とサーバー側のアップデートも行っていたそうで、

Monthly Update Download Size through MAU

JamfのWilliam Smithさんや、Microsoft Office for MacチームのAkshay Bakshi&Derek Snookさんによると、Microsoft AutoUpdateチームは昨年末以降、MAUを通して配布するセキュリティーアップデートの配布方式を変更し、ダウンロード帯域を50,000TB以上削減し、データセンターの使用率と運用コストを抑えることに成功したそうです。

 MAUアップデートでどの様は配布方式の変更が行われたかは不明ですが、このデプロイはMAUを通してのみ可能でMac App Storeバージョンのアップデートは削減されていないそうなので、Office 365 Personalサブスクリプションを購入されている方は、MAUへ変更してみてもいいかもしれません。