SoundFlowerのように仮想オーディオ入出力を作成できるオープンソースのMac用オーディオ・ドライバ「BlackHole」がAudio Midi設定のスピーカー設定に対応。

スポンサーリンク

 SoundFlowerのように仮想オーディオ入出力を作成できるオープンソースのMac用オーディオ・ドライバ「BlackHole」がAudio Midi設定のスピーカー設定に対応したそうです。詳細は以下から。

soundflower

 BlackHoleはCycling ’74チームが開発/メンテナンスを終了したオーディオユーティリティSoundFlowerの様に、Macに仮想オーディオ入出力装置を作成し、アプリからの音声を別のアプリへ送れるようにしてくれますが、このBlackHoleのv0.2.6がリリースされています。

BlackHole v0.2.6

BlackHole v0.2.6

  • Fixed BlackHole buffer allocation error when switching audio devices from DAW.
  • Fixed BlackHole buffer allocation error when sleeping.
  • Audio Midi Setup speaker configuration now saves preferences.

ExistentialAudio/BlackHole: BlackHole is a modern macOS virtual audio driver – GitHub

 BlackHole v0.2.6では前バージョンで発生していたオーディオデバイスをDAWから切り替える時、またはスリープ時にバッファのアロケーションエラーが発生する問題が修正され、Audio Midi設定アプリで、スピーカー設定が保存されない問題が修正されているそうなので、前バージョンで問題が発生した方は再インストールしてみてください。

Audio Midi設定のスピーカー設定

 BlackHoleはOSS(GPL v3.0)で、Homebrew Caskにも対応していますが署名されていないため、デフォルトではGatekeeperにブロックされるのでpkgを右クリックしコンテキストメニューから[開く]を選択する必要があり、macOS 10.15 Catalinaではインストール後にMacを再起動しないとドライバが読み込まれません。

brew cask install blackhole
スポンサーリンク

追記

 Existential Audio Inc.のDevin Rothさんが、新たにmacOS Catalinaでも再起動の必要のない署名済みのインストーラーを公開してくれています。