macOS 10.15 CatalinaではWi-FiのメニューバーアイコンをOption+クリックすることでIPv6アドレスが表示されるように。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 CatalinaではWi-FiのメニューバーアイコンをOption+クリックすることでIPv6アドレスが表示されるようになっています。詳細は以下から。


 Appleは2014年10月にリリースしたOS X 10.10 Yosemiteでシステム環境設定の[ネットワーク] → [Wi-Fi] → [✅メニューバーにWi-Fiの状況を表示]オプションでメニューバーに表示できるWi-Fiアイコンの情報をアップデートし、IPアドレスやルーター、インターネットアドレス、Wi-FiのセキュリティプロトコルなどがOption+クリック表示可能になりましたが、

Wi-Fiメニューバーアイコン

新たにリリースされたmacOS 10.15 Catalinaでは、このWi-Fiの情報欄にIPアドレスにIPv4に代わりIPv6アドレスが表示されるようになっています。

macOS 10.15 CatalinaのIPv6アドレス表示

 この情報はシステム環境設定のネットワークパネル → [Wi-Fi] → [詳細] → [TCP/IP]に表示される情報と同じで、IPv6アドレスが割り当てられていない場合はIPv6アドレスはWi-Fiメニューバーアイコンの情報欄に表示されず、IPv4アドレスはデフォルトで非表示になっています。

macOS 10.15 Catalinaのシステム環境設定のIPv6設定

 この仕様変更に伴いIPv4アドレス表示は廃止されたようですが、macOS Catalinaのネットワーク周りではWPA3のサポートやインターネット共有に接続の確認(iOS 13/iPadOS 13でもサポート)機能などが導入されているので、気になる方は確認してみてください。

macOS 10.15 CatalinaのWPA3-Personal

コメント

  1. 匿名 より:

    >この仕様変更に伴いIPv4アドレス表示は廃止されたようです
    なんでかなwまだ早いだろうに。なんで一行にしなきゃならんのか
    てか、IPv6だと複数割り当てるのも標準なのに(まあだいたい使われるのはひとつだが)

  2. 匿名 より:

    ルータの方はv4表示のままだし、このちぐはぐっぷりよ。

    • 匿名 より:

      ルーターがIPv6ではないとか
      v6アドレスに出ているのがリンクローカルアドレスなとこからもちゃんとしたIPv6 LANでなかったり?