Apple、safariextz形式のレガシィ機能拡張を配布している「Safari Extensions Gallery」の運用を2019年09月をもって終了。

スポンサーリンク

 Appleがsafariextz形式のレガシィ機能拡張を配布している「Safari Extensions Gallery」の運用を2019年09月で終了するようです。詳細は以下から。

Safari機能拡張のアイコン

 Appleは2016年よりmacOSのデフォルトブラウザであるSafariで利用可能な.safariextz形式の機能拡張を署名しMac App Storeを通して配布するよう開発者に促し、WWDC 2018では.safariextz形式の機能拡張をレガシィ形式として非推奨/廃止予定に指定、2019年01月にはAppleのSafari Extensions Galleryへの新規登録を終了していましたが、08月にアップデートされた開発者向けのポータルサイトによると2019年09月をもってSafari Extensions Galleryも利用できなくなるそうです。

Safari Extensions Gallery closed

Legacy Safari Extensions (.safariextz files) built with Safari Extension Builder are not supported in Safari 13 on macOS Catalina, macOS Mojave, or macOS High Sierra. The Safari Extensions Gallery for legacy extensions will no longer be available in September, 2019.

Safari Extensions – Safari – Apple Developer

 Safari Extensions Galleryは現在(09月03日)でも利用可能で、.extensions形式のレガシィ機能拡張もダウンロード可能ですが、AppleによるとmacOS 10.15 Catalina, macOS 10.14 Mojave, macOS 10.13 High Sierraに配布されるSafari v13ではSafari Extension Builderを利用したレガシィ機能拡張のユーザーによる独自ビルドもサポートされないそうです。

Safari Extension Builder

現在公開されているSafari v13のBeta版(Safari Technology Preview)でもSafari Extension Builderは削除されています。

 Appleは開発者に対しSafari Extension Builderでビルドしたレガシィ機能拡張を配布したい場合は新しいSafari App Extension形式へ変換し、Safari v13のBeta版でテスト、Mac App Storeに提出するかAppleの公証(Notarized)を通して配布するように求めているので、今後Safari機能拡張を開発&公開したい方はAppleの開発者IDが必要となるようです。

If you distribute legacy extensions built with Safari Extension Builder, we recommend converting them to the new Safari App Extension format, test on the latest beta of Safari 13, and submit them to the Mac App Store or notarize them for distribution outside the Mac App Store.

Safari Extensions – Safari – Apple Developer

スポンサーリンク

Safariのレガシィ機能拡張のタイムライン