Autodesk、AppleがOpenGLを非推奨としても「Fusion 360」などは引き続きmacOSをサポート。

スポンサーリンク

 AutodeskがAppleがOpenGLを非推奨としても「Fusion 360」などは引き続きmacOSをサポートするとコメントしています。詳細は以下から。


 米Autodesk Inc.は現地時間2018年07月20日、Appleが2018年秋にリリースを予定しているmacOS 10.14 MojaveでグラフィクスAPI「OpenGL」および「OpenCL」の利用を非推奨とすることを受け、OpenGLを利用しているAutodesk AliasとVREDのmacOSサポートを終了すると発表していましたが、この発表がきっかけとなりAutodeskの他の製品は今後どうなるのかというユーザーの質問が相次いでいるようです。

OpenGL/OpenCL

What is changing for Autodesk VRED and Alias version support for macOS?
After July 13, 2018, Autodesk will no longer provide new Mac versions of VRED and Alias, beginning with version 2019.1.

Discontinuation of Mac Support for Autodesk Alias and VRED | Alias Products – Autodesk Knowledge Network

 これに対しAutodeskのコミュニティーマネージャーのBrian ReppさんはFusion 360 Forumの中で「AliasはmacOSのサポートを終了しましたが、Fusionは将来的にmacosをサポートしますか?」というユーザーの質問に「FusionはmacOSのサポートを終了する計画はない」と回答しており、Flameのコミュニティーでも同じやり取りがされています。

Brian Repp Re: Future of Fusion 360 on macOS
Hey guys – sorry I missed this thread. Short answer is that there’s no plans to discontinue support of Mac. It’s a big portion of our install base and still strategically important for us (e.g. we’re still actively developing on Mac for things such as generative). Of course, as the platforms continue to evolve, Web tech develops, etc. things could change over time, but no plans to change course now.

Future of Fusion 360 on macOS – Autodesk Community- Fusion 360

 Fusion 360についてはHTML5&WebGLに大きく依存していますが、Apple WebKitチームのDean JacksonさんはOpenGLが非推奨となってもSafariを利用したWebGLの開発には何の影響も与えず、「WebGL 2.0」および2017年に公開したWeb用3Dグラフィックス向けAPI「WebGPU」の開発も続いているとコメントしているので、WebGLの下層は変わってもWebGLは影響を受けないと思われます。

スポンサーリンク

おまけ

 macOSで将来的にOpenGL/OpenCLが非推奨となることはAutodeskなどのエンタープライズ向け製品より、オープンソースで開発されているMercuryVMDPyMOLKitwareなどサイエンス分野の3Dグラフィックスアプリに大きく影響するという記事をChemistry Worldが公開しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

Apple’s Macintosh operating systems (macOS) is set to end support for OpenGL, the programming interface frequently used to display 3D graphics in medical and scientific visualisation software, which has existed since 1992. Nearly all open source and commercial chemistry visualisation programs that are used to display atoms, molecules, bonds and protein ribbons – such as Mercury, VMD and PyMOL – use the system.

Chemists criticise mooted shutdown of 3D visualisation tools | News | Chemistry World

コメント

  1. 匿名 より:

    Fusion360つかえてもAlias使えないし、IDデザインはwindowsに切り替えだな。

  2. 匿名 より:

    そもそもFusion360はOpenGLじゃなくてDirectXだしな