MacBook Pro (2015)に1TB NVMe SSDを換装し、APFSコンテナにmacOS 10.13 High SierraからmacOS 10.15 Catalinaまでのテスト環境を構築する。

スポンサーリンク

 MacBook Pro (2015)に1TB NVMe SSDを換装し、APFSコンテナにmacOS 10.13 High SierraからmacOS 10.15 Catalinaまでのテスト環境を構築してみました。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

 1世代前のMacBook AirやPro、iMac、Mac mini、Mac Proはアダプタを付けることでNVMe SSDを利用することができますが、先週、Phison E12コントローラーを採用したシリコンパワーのNVMe SSD P34A80シリーズの1TBモデルがタイムセールで14,280円+ポイント還元となっていたので、テスト用Macに利用しているMacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)に換装して、High SierraからCatalinaまでのブート環境を構築してみました。

Silicon PowerとMacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)

スポンサーリンク

購入したもの

 今回購入したのは以前レビューしたNFHK M.2アダプターN-941Aと、シリコンパワーの1TB SSD「SP001TBP34A80M28」で、以前購入したN-941AアダプターとSamsung NVMe SSDを接続した際には、長さがAPPLE SSDより長くなってしまいネジで固定できませんでしたが、シリコンパワーのNVMe SSDとの組み合わせではぴったりだったので、最新のN-941Aアダプターは微調整されているようです。

N-941AとSP001TBP34A80M28

 また、今回購入したSilicon PowerのP34A80にはToshiba製のNANDとPhison PS5012-E12コントローラーが採用されていたので、同じコントローラーを採用しているNVMe SSDなら下記の通りmacOS 10.13 High Sierra以降のmacOSで利用できると思われます(AnandTech)。

Phison PS5012-E12

macOS 10.14 MojaveのNVMeドライバはSamsung 970 EVO Plusなど最新のNVMeをサポートしていません。

セットアップ

 セットアップ方法は以前と同じで、アダプターを介してNVMe SSDを接続したMacBook Proに起動可能なインストールメディアを接続して[Option]キーを押したままMacを起動。

起動可能なインストールメディアから起動

 インストールメディアから起動したら次にmacOS High Sierra ~ Catalinaをインストールするために、ディスクユーティリティを起動してNVMe SSDをAFPSでフォーマットします。その後ディスクユーティリティを終了し、[macOSインストール]を選択して先程フォーマットしたボリュームをmacOSのインストール先に指定して手順に従えばmacOSがインストールされます。

ディスクユーティリティで「Mac OS拡張」を選択するとHFS+でフォーマットされコンテナが使えず、APFS(暗号化)を選択するとBeta版が対応していない場合があるので注意してください。

他のmacOSをインストールする

 NVMe SSDへの初期macOSのインストールは以上で終了で、次に他のmacOSのインストールを行いますが、AppleがmacOS 10.13 High Sierraから導入したAFPSはコンテナ内に複数のボリュームを作成しても複数のファイルシステムが物理ボリューム上で空きスペースを共有できるようになっているため、

HFS PlusとAPFSのボリュームの違い

ディスクユーティリティから[ボリュームを追加]を選択し、他の2つのmacOS用ボリュームを作成。今回はmacOS 10.14 Mojaveを最初にインストールしたので、macOS 10.13 High Sierraは以下のリンクからMac App Store経由でダウンロードした後、インストールしましたが、Mojaveではインストールアプリが起動できないようにブロックされていたため、こちらもインストールメディアを作成してインストールしました。

APFSコンテナ内にボリュームを追加

https://itunes.apple.com/jp/app/macos-high-sierra/id1246284741?mt=12

 また、macOS 10.15 CatalinaについてはBetaユーティリティを起動してMac App Storeからダウンロードすればインストール可能で、[このMacについて]の[ストレージ]タブで確認すると、1TB NVMe SSDの空き容量が各macOSで共有されているのが確認できると思います。

macOS 10.13 High SierraからmacOS 10.15 Catalinaまでを1TB NVMe SSDにインストールする

旧APPLE SSD SM0128Gに残っていた120GBのデータを移行して、3つのmacOSをインストールしても1TB NVMe SSDなら残り864GB程度の空き容量ができました。

ベンチマーク

 以前テストしたSamsungのNVMe SSDとApple/TranscendのAHCI SSDと比較するため、一応ベンチマークも行ってみましたが、シリコンパワーのP34A80シリーズはPCIe Gen3x4でNVMe v1.3対応なものの、

SP001TBP34A80M28のベンチマーク

シリコンパワー
P34A80
Samsung
970 EVO
Samsung
960 EVO
Transcend
JetDrive 820
APPLE SSD
SM0128G
モデル SP001TBP34A80M28 MZ-V7E250B/EC MZ-V6E250B/EC MZ-JPV1280/0A3 TS240GJDM820
容量 1TB 250GB 240GB 128GB
インターフェイス NVM Express 1.3
PCIe Gen 3.0
NVM Express 1.2
PCIe Gen 3.0
AHCI PCIe Gen3.0
リンク幅 x4レーン x2レーン x4レーン
リンク速度 5.0 GT/s
価格 1万5千円前後
(2019年時の価格)
1万5千円前後
(2018年時の価格)
1万5千円前後
(2018年時の価格)
3万円前後
(2017年時の価格)
リンク シリコンパワー Samsung(ITG) Samsung(ITG) Transcend

やはりMacBook Pro (13インチ, Early 2015)のリンク速度(5.0 GT/s)がボトルネックとなり、シーケンシャルRead/Writeスピードは公証最大値3400MB/3000MBの半分程度で頭打ちになっています。

クリックで拡大

 ただ、SSDの価格は順調に下落していっているので、メーカーにもよりますが昨年までは約15,000円で250GBだったNVMeが、現在は同価格帯で1TBモデルが購入できるので、古いMacで32-bitアプリが利用できるmacOS 10.14 Mojaveを残しつつ、macOS 10.15 Catalinaも試してみたい方はチャレンジしてみてください。

NVMe SSDの価格

おまけ

 Silicon PowerのP34A80シリーズではTrimやSMART情報も確認できました。

DriveDX

コメント

  1. 匿名 より:

    おつかれさん

  2. 匿名 より:

    いつも読んでます
    素晴らしい試みです

  3. 匿名 より:

    ありがとうございます

  4. 匿名 より:

    「やってみた」とか記事タイトルで、実は海外の人がやって記事に書いたのを翻訳しただけ、なサイトが多い中、実際に自分でされてるのは素晴らしい。
    自分は空き容量なくて断念。換装できそうにないし。USBで外部ディスクにインストールして試すかな。

  5. 匿名 より:

    気になっていた話題だったので、とても参考になりました。
    ありがとうございました。