Bare Bones、次期macOS 10.15 Catalinaで32-bitアプリの「TextWrangler」が動かなくなるとして「BBEdit」への移行を勧める。

スポンサーリンク

 Bare Bones Softwareが次期macOS 10.15 Catalinaで32-bitアプリの「TextWrangler」が動かなくなるとして「BBEdit」への以降を指示しています。詳細は以下から。


 TextWranglerはBBEditを開発しているBare Bones SoftwareのRich Siegelさんが、無料で使えるBBEditの機能限定版といて公開し、2017年にBBEditの開発へ集中するためにアップデートが停止されましたが、このTextWranglerが次期macOS 10.15 Catalinaでは動かなくなるとして、RichさんはTextWranglerユーザーに対しBBEditへの移行を勧めています。

TextWrangler

Dear TextWrangler customer:
Today, we’re writing to you with an update regarding “eventually.” Last week, during WWDC, Apple announced that macOS Catalina will not run 32-bit applications. TextWrangler was a 32-bit application—but not to worry, you’ll be well sorted with BBEdit 12.

メーリングリストより

 昨年のWWDC 2018で発表されたとおり、AppleはmacOS 10.15 Catalinaで32-bitアプリのサポートを終了するため、既にAppleのQuickTime 7(フレームワーク含む)やMicrosoftのOffice 2011がmacOS Catalinaで動かなくなることが発表されていますが、TextWranglerも同様で、macOS Catalinaでは64-bit化されたBBEdit v12.1以降のみが動作するそうです。

BBEdit free mode

 BBEditは全ての機能を利用する場合、月額450円/年額4,500円のサブスクリプション制となっていますが、30日間のトライアル期間が過ぎてもTextWranglerより多機能なBBEdit (free mode)として利用できるので、ユーザーの方はmacOS Catalinaへアップグレードする前に確認してみてください。

AppleはmacOS 10.15 Catalinaのインストーラーに、ユーザーのアプリケーションフォルダにあるアプリからCatalinaアップグレード後に動かなくなるアプリを検出&表示する機能を追加しています。