Mac用多機能ランチャーアプリ「Alfred v4.0」がリリース。ダークモードや設定のユビキタス検索、新しいWorkflowオブジェクトを追加。

Alfred v4.0 Alfred
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

 Mac用多機能ランチャーアプリ「Alfred v4.0」がリリースされています。詳細は以下から。


 イギリスのRunning with Crayons Ltdは現地時間2019年05月20日、アナウンスしていたとおりMac用多機能ランチャーアプリAlfredをv4.0へメジャーアップデートし、macOS 10.14 Mojaveのダークモードや設定のユビキタス検索、新しいWorkflowオブジェクトを追加したと発表しています。

Alfred v4.0

There are so many exciting features and improvements in Alfred 4 that the best way to discover them is to jump in and play! Here are some of the main changes you’ll see in Alfred 4.

What’s New in Alfred 4

Alfred v4.0の新機能

 Alfredは2010年に開発が開始されて以降、Spotlight風のシステム内検索機能からランチャー、スニペット、Workflowなど様々な機能を追加したため、機能がどこで設定できるかがわかりにくくなっていますが、

Ubiquitous Internal Preferences Search

Alfred v4.0ではAlfred内部の機能やアイテムの検索がより柔軟に行えるようになり、ランチャーウィンドウの先頭(Prefix)にハテナマーク「?」を付けて検索したい設定のワードを入力すると、そのワードに関連した全てのアイテムが表示されるようになっています。これはAlfredの設定ウィンドウでも同様で、“hotkeys”や”keywords”で検索すると一覧が見れて便利です。

Overhauled Preferences

 また、設定(Preferences)パネルも刷新され、ツールバーにあったメニューが左サイドに配置されたため、複数の選択肢がある機能は左から順に選択していくことで目的の機能を設定できるようになりました。

Fully Dark Mode Compatible

 AppleはmacOS 10.14 Mojaveにシステム全体のアピアランスを暗くし、気を散らす要素を軽減させコンテンツに集中(content-focused)できるスクリーン機能ダークモードを追加しましたが、Alfred v4.0もこのダークモードに対応し、設定ウィンドウだけではなく、ランチャーウィンドウもライト/ダークモードによって変更されるようになっています。

Workflow Objects

 2016年にリリースされたAlfred v3.0では複数のアクションやジェスチャーをオブジェクトとして組み合わせることができるWorkflow機能を大幅にアップデートしましたが、v4.0でもConditionalやSplit、Random Utilityといった新しいオブジェクトが追加され、プログラミングのスキルがなくても簡単な条件分岐Workflowが作成できるようになったほか、

Alfred v4.0 Workflow Random Utility

ファイルやクリップボード、サウンド、Large TypeといったIn/Outputオブジェクトアップデートされ、新たにWorkflow Debuggerが追加、ユーザーがオブジェクトの問題を把握して正しいWorkflowと作成しやすくなっています。

New Theme Editor

 Alfredのランチャーウィンドウのテーマはユーザーがデザインし書き出し、Alfredapp.comで共有もできますが、このテーマを編集するテーマエディタも刷新され、v3.0以降の背景変更機能だけではなく、テーマに採用されているテキストのフォントやPadding、Blurなどの変更がドラッグやコンテキストメニューから可能になりました。

既存のテーマは編集できないので、ベースにしたい場合は複製する必要があります。

Text Editor

 また、スニペットやクリップボードのテキストエリアはリッチテキストに対応し、macOS 10.14 Mojave以降ならばOpenType SVGフォントも利用可能で、{time}や{data},{clipboard}といったプレースホルダーも複数の種類が追加されています。

Alfred v4.0のテキストエリア

 Alfred v4.0ではこの他、ランチャーに表示されている検索結果のソートやファイルバッファ(いわゆる履歴機能)など200を超える機能の変更,強化(フルリリースノート)が行われており、Apple(macOS)のSandboxや公証User ConsentEnhanced Runtimeなど全てのセキュリティ機能を遵守しています。

Alfred Powerpack

 Alfred v4.0は一部機能は無料で利用できますが、全ての機能が利用可能になるAlfred Powerpackはシングルライセンスが23ユーロ(約2,800円)、Alfredの開発が続く限り全ての機能利用&アップグレードを受け取れるMega License(Lifetime Upgrades)は39ユーロ(約4,800円)となっているので、興味のある方はまずAlfred v4.0の無料版を試してみてください。

リリースノート

General changes

  • Change bundle id to “com.runningwithcrayons.Alfred” for now and future
    • Future proofs major versions which will now share macOS App Support, cache folders etc
    • Removes name dependency when using AppleScript to call Alfred, now you can use tell application id “com.runningwithcrayons.Alfred” to search
    • Note: Also added a “Show Alfred” workflow object which should be used where possible instead of AppleScript call backs
    • Add “Welcome” window when first launching Alfred
    • Pre-activation of Powerpack
    • Settings backup and migration of older preferences
    • Configure macOS permissions
  • Hardened runtime support for macOS
  • Improved, higher performance application caching for Alfred’s file search
  • Prevent multiple copies of Alfred from running if, for example, a workflow accidentally attempts to re-launch Alfred as a new process
  • Hotkey display will now track the current keyboard layout (i.e. ⌘L in British layout will now correctly show ⌘N when switching the keyboard to Dvorak)
  • Improve secondary-view input field / selection list text copy behaviour to match Alfred’s main search field
    • E.g. allows for copy partial selected search term, or partial selected summary text from clipboard history viewer without overriding with “copy entire item” action
  • Show correct fallback text when query is dynamically updated, for example, pressing = after a calculation to equate the answer
  • Make ‘alfred preferences’ correctly match result to show Alfred’s preferences in Alfred’s default results
  • Standardise big hat drawing between Workflows and Remote preferences when no workflow or page is selected
  • Make QuickLook previews change dynamically when changing result item in Alfred’s Default Results and File System Navigation
  • Migrate and modernise many icons into PaintCode
  • Show “this does nothing” notification when double clicking an alfredpreferences file
  • Fix locale and macOS language discovery to correctly format dates
    • Fix applies to all places where dates can be used, e.g. Snippets, Workflow placeholders, Contacts
  • Update mechanism for storing and reading preferences sync folder to prefs.json in Alfred’s Application Support folder
    • JSON contains ‘current’ value, written at startup to help external scripts find Alfred’s preferences if synced
    • Note, for the time being, the syncfolder is still written to the preferences plist for workflow libraries which may rely on this
  • Migrate remaining http links to https (to force encryption where unspecified)
    • e.g. Contact URLs, Workflow website, Remote page examples, 1Password, user proxy settings
    • Also certain labels throughout the preferences now correctly show https

コメント

タイトルとURLをコピーしました