Apple、macOS/iOSのSafari v12.1に暗号化されていないHTTPサイトでサーチフィールドに警告を表示する機能を追加。

Safari v12.1 HTTP Safari
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 AppleがmacOS/iOSのSafari v12.1に暗号化されていないHTTPサイトを読み込んだ後にサーチフィールドに警告を表示する機能を追加しています。詳細は以下から。

macOS,iOSのデフォルトブラウザ「Safari」のアイコン。

 Appleは現地時間2019年03月25日、macOS 10.14.4およびiOS 12.2をリリースするとともに、デフォルトブラウザであるSafariをv12.1へアップデートしましたが、同バージョンのSafariでは常時SSL化されていない非HTTPSサイトへの警告機能が追加されています。

Safari v12.1 HTTP

暗号化されていないWebページを読み込んだときに警告を表示。

リリースノートより抜粋

 非HTTPS(HTTP)サイトへの警告は、2018年02月からGoogleがHTTPSデフォルトを目指してChromeのアップデートを行ってきましたが、AppleもSafari v12.1アップデートから同様の措置を開始しており、

Safari v12.1 HTTP Password Site

現在のところまだリリースされていませんが、この警告はmacOS Sierra/High Sierraに提供されるSafari v12.1でも表示されるそうです。

非HTTPS(HTTP)サイトを表示するとスマートサーチフィールドにURLと同じカラーで「安全ではありません」という警告が表示され、非HTTPSサイトでのパスワードやクレジットカード入力を行おうとするとSafari v11.1と同様に「安全ではありません」という赤い警告が表示されるようになっているので、Web管理者の方は常時SSL化をすることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました