Microsoft、ローカルストレージを占有せずに必要な時だけファイルをダウンロードして利用することができる「ファイル・オンデマンド」機能をOneDrive for Macユーザー向けに提供開始。

スポンサーリンク

 Microsoftがローカルストレージを占有せず必要な時だけファイルをダウンロードして利用することができる「ファイル・オンデマンド」機能をOneDrive for Macユーザー向けに提供を開始しています。詳細は以下から。

Microsoft OneDriveのアイコン

 Microsoftは現地時間2019年01月24日、OneDrive for Macユーザー向けにローカルストレージに全てのファイルをダウンロードせず、必要な時だけファイルをダウンロードしOffice for Macなどで利用することができる「ファイル・オンデマンド(Files On-Demand)」機能の提供を開始したと発表しています。

OneDrive for Macのファイルオンデマンド

Fig.1

この最新の更新プログラムでは、OneDrive ファイル オンデマンドを利用できるようになりました。OneDrive ファイル オンデマンドは、OneDrive 内のファイルをダウンロードすることなく、またデバイスのストレージ領域を使用することなく、すべてのファイルにアクセスすることができます。オンラインまたは別のデバイスで作成された新しいファイルは、オンライン専用ファイルとして表示されます。これは、デバイスの領域を使用しません。インターネットに接続すると、デバイス上のファイルと同じようにファイルを使用できます。

OneDrive – Mac App Store

スポンサーリンク

ファイル・オンデマンド

 OneDriveのファイル・オンデマンド機能は2017年にWindows向けに提供されており、OneDrive for Macについては2018年10月のOffice 365 Update Oct 2018 (YouTube)」プレビューで近く提供を開始すると発表され、Businessアカウントのユーザーに対しては2019年01月にロールアウトが開始されていました。

Files On-Demand for Mac

使い方

 OneDrive for Macのファイル・オンデマンド機能はmacOS 10.14.2 Mojave以降を搭載したMacで利用可能で、昨日アップデートされた最新のOneDrive for Mac v18.240.1202ではOneDriveの[基本設定] → [全般]のタブに「ファイル・オンデマンド」機能を有効/無効にするオプションが追加されており、

OneDrive のファイル オンデマンドについて

ファイル・オンデマンドを有効にして、OneDriveフォルダをFinderで表示すると、Fig.1のようにファイルの状態を示すアイコンがファイルに表示され、ローカルに保存されているファイルを選択してコンテキストメニューから[空き容量を増やす]を選択すると、ファイルの表示はそのままに、ファイルをオンラインのみに保存(☁アイコン)することができるので、OneDriveユーザーの方は試してみてください。

ファイル・オンデマンドのステータスアイコン

コメント

  1. 匿名 より:

    つーか普通デスクトップアプリを出した段階で初めから搭載されてるレベルの機能だろう
    なんのためにオンラインストレージに退避させてるんだか
    消えて困るファイルはそれこそ同期なんかせず別途バックアップするし