ブラックフライデーセールでWi-Fi強度やネットワーク情報、干渉状況を可視化してくれるMac用ネットワークユーティリティ「WiFi Explorer」と「WiFi Signal」が最大60%OFFセール中。

スポンサーリンク

 ブラックフライデーセールで、Wi-Fi強度やネットワーク情報、干渉状況を可視化してくれるMac用ネットワークユーティリティ「WiFi Explorer」と「WiFi Signal」が最大60%OFF中となっています。詳細は以下から。

Wi-Fi Exploerのアイコン

 WiFi Explorerは元IHMC LabsのネットワークエンジニアAdrian Granadosさんが開発&販売しているMac用のネットワークユーティリティで、Macで受信したWi-FiのSSIDやその電波強度、周波数帯(Band)と方式(Mode)、電波強度-時間グラフ、ノイズレベルなどを表示できる機能がありますが、このWiFi Explorerなどがブラックフライデーセールで最大60%OFFとなっています。

Wi-Fi Explorerブラックフライデーセール

** BLACK FRIDAY WEEK : For a limited time, save 30% off WiFi Explorer **

Mac App Storeより

スポンサーリンク

セール中のアプリ

 ブラックフライデーセールとなっているのはWiFi Explorer (Standard)およびWiFi Explorer Pro、そしてメニューバーからWiFiの接続状況とスループットを確認できるWiFi Signalの3つで、今週末までWiFi Explorerが30%OFF、WiFi Signalが60%OFFで公式ストアおよびMac App Storeで販売されるそうで、

WiFi Explorer Proの機能

WiFi Signalは携帯しているMacBookが5GHz帯から2.4GHz帯へ切り替わったときに通知を出してくれる機能があり、WiFi Explorerシリーズには一部機能を無料で利用できるLite版がMac App Storeで、Standardのトライアル版が公式サイトで公開されているので、購入を検討されている方はチェックしてみてください。

Wi-Fi Signalアプリのセットアップ