macOS 10.14 Mojaveのライト/ダークモードを時間によって切り替えてくれるユーティリティアプリ「Dynamic Dark Mode」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveのライト/ダークモードを時間によって切り替えてくれるユーティリティアプリ「Dynamic Dark Mode」がリリースされています。詳細は以下から。

Dynamic Dark Modeアイコン

 AppleはmacOS 10.14 Mojaveにアピアランスを暗くする「ダークモード壁紙を時間帯によって変更する「ダイナミックデスクトップ機能を追加しましたが、このダークモードと通常のライトモードを時間帯によって切り替えてくれるアプリ「Dynamic Dark Mode」をWWDC 2017/2018スカラシップ生のZhiyu Zhuさんが公開しています。

Dynamic Dark Mode

Instead of looking for the switch for dark mode in System Preferences, just click the icon in the menu bar. Ever felt your eyes getting hurt because the screen is so bright in the night? Have to worry no more, we Dynamically enable dark mode in dim lights, after sunset, or just anytime. When you wake up in the morning, it’ll a be another bright day.

Dynamic-Dark-Mode | The smart, automatic Dark Mode toggle for macOS Mojave – GitHub

 Dynamic Dark Modeの使い方はアプリをインストールし起動したら、ライトモードとダークモードを切り替える時間を設定するだけですが、Dynamic Dark Modeアプリにはその他、ライト/ダークモードを切り替えるショートカットキー、ダークモードに変更した際の輝度、メニューバーアイコンにドロップメニューを追加するといった機能も利用できます。

Dynamic Dark Modeアプリの説明

 アプリ公式サイトからダウンロード可能で、ソースコードもGPL v3ライセンスでGitHubリポジトリに公開されているので、ライトとダークモードを使い分けたい方はチェックしてみてください。