ダークモードに設定したmacOS 10.14 Mojaveで、一部のアプリだけをライトモードにできるアプリ「Gray」がリリース。

スポンサーリンク

 ダークモードに設定したmacOS 10.14 Mojaveで、一部のアプリだけをライトモードにできるアプリ「Gray」がリリースされています。詳細は以下から。

Grayのアイコン

 macOS 10.14 Mojaveでは、ユーザーがコンテンツに集中できるようシステム全体のアピアランスを暗くするダークモードが導入されましたが、このダークモードを一部のアプリだけ解除し、通常のライトモードで利用することができるユーティリティアプリ「Gray」をノルウェーのエンジニアChristoffer Winterkvistさんが公開しています。

macOS 10.14 Mojave Dark mode Utility Grayの使用例

Ever wanted to have light and dark apps live side-by-side in harmony? Well, now you can. With Gray you can pick between the light appearance and the dark appearance on a per-app basis with the click of a button.

zenangst/Gray: Tailor your macOS Mojave experience – GitHub

スポンサーリンク

Grayの原理と使い方

 GrayはmacOS Mojaveでウィンドウの影(Rim Shadow)が変更された記事でも紹介した、Appleが旧バージョンのSDKでダークモードを有効/無効にするために用意したdefaultsコマンドをGUIにしたツイールで、

  • 特定のアプリでDark Modeを無効にする
  • defaults write [App] NSRequiresAquaSystemAppearance -bool YES
  • 特定のアプリでDark Modeを有効にする
  • defaults write [App] NSRequiresAquaSystemAppearance -bool NO
  • 元に戻す
  • defaults delete -app [App] NSRequiresAquaSystemAppearance

使い方はmacOS Mojaveのシステム環境設定で[ダーク]を選択し、Grayアプリを起動して、ライトモードで利用したいアプリを選択していくだけで、アプリの再起動後、選択したアプリだけがライトモードで表示されます。

defaults write com.apple.dt.Xcode NSRequiresAquaSystemAppearance

 ChristofferさんはエディタやXcodeなどのSDK以外をライトモードで利用したいためにGrayアプリを開発したそうで、アプリは現在Pre-release段階となっていますが、ソースコードはMITライセンスでGitHubに公開されており、アプリもダウンロードできるようになっているので、ライトとダーク・アピアランスを使い分けたい方は試してみて下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    1〜2日、一部のアプリだけをライトモードで使用して、元に戻そうと思ったが、
    元に戻らなくなってしまった。
    今朝、バージョンアップがあったので、バージョンアップしても、
    やはり、一部のアプリだけをライトモードにしてたものを
    元のダークモードに直せなくて、困ってます。。。

    Pre-release段階だから、諦めないとおいけないのか???