長いツイートの表示投稿に対応し、新API対応でリアルタイム更新機能が削除されたMac用Twitterクライアント「夜フクロウ v2.87」がリリース。

スポンサーリンク

 長いツイートの表示投稿に対応し、新API対応でリアルタイム更新機能が削除されたMac用Twitterクライアント「夜フクロウ v2.87」がリリースされています。詳細は以下から。


 Mac用Twitterクライアント「夜フクロウ」を開発しているあきぬるさんは現地時間2018年08月15日、夜フクロウをv2.87へアップデートし、Twitterが米国時間08月16日から利用を開始する新しい“Account Activity API (以下、AAA)”をサポートしたと発表しています。

YoruFukurou 2.87

  • 長いツイートの表示投稿に対応
  • API 廃止の為リアルタイム更新機能を削除
  • 新しい Direct Message API への対応
  • 最低 OS 対応バージョンを macOS Sierra に変更

リリースノートより

スポンサーリンク

長いツイートの表示

 Twitterは2017年11月、CJK以外の言語で1ツイートの文字数を最大140文字から280文字に引き上げ、これにより以前までの夜フクロウは140文字を超えるツイートは[…]で省略されていましたが、

夜フクロウが長いツイートの表示・投稿に対応

クリックで拡大

新たにリリースされた夜フクロウ v2.87では、以上のように140文字を超える長いツイートの表示、および投稿に対応しています。

リアルタム更新機能を削除

 また、夜フクロウ v2.87では”User Streams API”で提供されていたリアルタム更新機能がAAA移行のため削除され、最小システム要件がmacOS 10.12 Sierra以上になり、

イメージサービスからimg.lyが削除されるなど細かいアップデートがされているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。