Mac用Twitterクライアント「夜フクロウ」がコンシューマーキーの再生成作業により1月14日頃より一時的に利用できない状態に。

スポンサーリンク

 Mac用Twitterクライアント「夜フクロウ」がコンシューマーキー再生成作業により1月14日より一時的に利用できない状態になるとアナウンスされています。詳細は以下から。

夜フクロウ

 夜フクロウ(Night Owl)は「あきぬる(@aki)」さんらが開発しているMac用Twitterクライアントですが、この夜フクロウがTwitterのコンシューマーキーの再生成作業を行うため2020年01月14日(今夜12時)より一時的に利用できなくなるそうです。(一連のスレッドを表示)

 コンシューマーキーの再生成が行われると新バージョンがリリースされるまで機能する夜フクロウが一時的に存在しなくなりますが、あきぬるさんは公式サイトおよびMac App Store版ともにアップデートを予定しているそうで、Mac App Store版は審査に時間がかかるため、必要な場合はアップデートされた公式サイト版を利用して欲しいとツイートしています。

夜フクロウがコンシューマーキーをアップデート予定

スポンサーリンク

おまけ

 夜フクロウの公式サイト版は既にAppleの公証サービスを通過させているので、次期バージョンもmacOS 10.15 CatalinaのGatekeeperによりブロックされずに動くと思われますが、公式サイト版の最新のバージョン(v2.91)はアプリケーションの自動更新機能が正しく動作しない問題があるそうなので、必要な方は以下のリンクから最新版を確認してみてください。

夜フクロウの自動アップデート

追記

 コンシューマーキーの再生成を行ったMac用Twitterクライアント夜フクロウ v2.92がリリースされています。

夜フクロウ v2.92