Realmac、新しいSEOやテーマスタイル機能を搭載したMac用Webオーサリングツール「RapidWeaver v8」をリリース。

スポンサーリンク

 Realmacが新しいSEOやテーマスタイル機能を搭載したMac用Webオーサリングツール「RapidWeaver v8」をリリースしています。詳細は以下から。

RapidWeaver v8のアイコン

 タスクツールClearデジタルスクラップアプリEmberシリーズを開発&販売している英Realmac Software Limitedは現地時間2018年08月14日、2004年から開発を続けているHTMLやCSSの知識がなくてもWebサイトをデザイン&公開できるMac用WebオーサリングツールRapidWeaverシリーズの最新版となるRapidWeaver v8を新たにリリースしたと発表しています。

RapidWeaver 8.0 Launch Information
Realmac Software today announced a significant update to RapidWeaver, the company’s critically-acclaimed website creation software for Mac. RapidWeaver 8 has got all the features users have come to know and love from the previous versions but has been significantly updated and improved in many areas. This is no small feat when you consider that RapidWeaver has been consistently updated and supported for the last 14 years, and shows no signs of stopping.

RapidWeaver 8 Press Kit

スポンサーリンク

RapidWeaver v8の新機能

 RapidWeaverはMarkdownとHTML/CSS/JavaScripを利用してコンテンツを作成できるWebオーサリングツールで、最新版となるRapidWeaver v8ではCC0ライセンスの写真を掲載しているUnsplashの利用やBootStrap v4を利用したレスポンシブデザインテーマ、作成したレスポンシブデザインのWebサイトの確認ができるデバイスシミュレータに加え、

EU一般データ保護規則(GDPR)準拠を示すプライバシーポップアップやGoogleなどの検索サービス向けに記事のDescriptionやmeta tag、HTTPSサイトの構築、Sitemap.xmlの作成と公開、OpenGraph&Twitter CardなどSEO機能も改善がされているそうです。

 RapidWeaver v8のシステム要件はOS X 10.11 El Capitan以上&macOS 10.14 Mojaveもサポート予定で、価格は5台のMacで利用できるシングルライセンスが89ドル、v7からのアップデートライセンスが69ドルとなっていますが、2018年08月28日まではリリース記念として10ドルOFFで提供されており、

A full licence will be priced at $89 for new users, whilst users of RapidWeaver 7 or earlier will be able to upgrade for $69. All Purchases before August 28th 2018 will receive an extra $10 off the regular price.

RapidWeaver 8 Press Kit

静的サイトを簡単に作成できるチュートリアル付きのトライアル版も公式サイトに公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

RapidWeaver v8のHelloウィンドウ

いつまでサポートされるかは不明ですが、RapidWeaver v8がリリースされたことで、Mac App Storeで公開されているRapidWeaver v7が10,400円から4,800円に値下がりしています。