Core ML Stable Diffusionを利用し、Apple Silicon Mac上でテキストや入力画像から画像を生成できるアプリ「Prompt To Image」がBetaテスターを募集中。

Prompt To Image, Stable Diffusion with Core ML app 仕事効率化
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Core ML Stable Diffusionを利用し、Apple Silicon Mac上でテキストとサンプル画像から画像を生成できるアプリ「Prompt To Image」がBetaテスターを募集しています。詳細は以下から。

Stable Diffusion app for Mac with Core ML

 AppleのMachine Learning Researchチームは現地時間2022年12月02日、独ミュンヘン大学のCompVisグループなどが開発したtext-to-imageモデルを利用し、テキストから画像を作成できる画像生成AI「Stable Diffusion」を、同社の機械学習フレームワーク「Core ML」を利用し、Apple Silicon Macに最適化したと発表しましたが、

Today, we are excited to release optimizations to Core ML for Stable Diffusion in macOS 13.1 and iOS 16.2, along with code to get started with deploying to Apple Silicon devices.

Stable Diffusion with Core ML on Apple Silicon – Apple Machine Learning Research

このCore MLに最適化されたStable Diffusionを利用し、テキストとサンプル画像から、Apple Silicon Mac上で画像を生成してくれるアプリ「Prompt To Image」のベータテスターが募集されています。

Prompt To Image, Stable Diffusion with Core ML app

Prompt To Image

 Prompt To Imageは、Mac用ファイアーウォールアプリなどを開発しているイタリアのThe Murus Teamが開発しているMac用Stable Diffusionクライアントで、Appleが公開(最適化)したCore ML Stable Diffusionを利用しテキストから画像を生成可能で、

Core ML Stable Diffusion

他のMac用Stable Diffusionクライアント[1, 2]と異なり、Stable Diffusion 2.xに対応し、テキスト(Prompt)やステップ数、スケール以外にもNegative PromptやInput Image(img2img)オプションが利用できます。

Stable Diffusion 2.0のオプション

 Prompt To Imageは現在TesFlightでBetaテスターを募集していますが、利用するにはmacOS 13.1 Ventura以上のApple Silicon Mac(推奨メモリは16GB以上)が必要で、起動時に約2.5GBのStable Diffusionモデルがダウンロードされるので、対応する環境をお持ちの方はBetaテスターに参加してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました