Mac用画像圧縮アプリ「ImageOptim v1.8」がRustベースのsvgcleanerを利用したSVGファイルの最適化をサポート。

スポンサーリンク

 Mac用画像圧縮アプリ「ImageOptim v1.8」がRustベースのsvgcleanerによるSVGファイルの最適化をサポートしたそうです。詳細は以下から。

ImageOptim v1.7.3のアイコン

 イギリスで画像処理のアルゴリズムを研究しているKornelさんは現地時間2018年08月05日、昨年12月25日にBeta版をリリースしていたオープンソースのMac用画像圧縮アプリImageOptim v1.8を正式にリリースし、svgcleanerを利用したSVGファイルの最適化機能をサポートしたと発表しています。

SVG CleanerをサポートしたImageOptiom

v1.8.0
Support for SVG optimizations using Rust-based svgcleaner

ImageOptim — what has changed in the latest version

 svgcleanerはウクライナのEvgeniy Reiznerさんがオープンソースで開発しているRustベースのSVG最適化ツールで、SVG作成時にファイルに添付されたアプリケーションの一時ファイルや不可視ファイルなどを削除してくれる機能があり、

同様のツールにsvgoscourといったオープンソースツールがりますが、svgcleanerは他のツイールより正確かつ高速にSVGファイルを最適化出来るそうなので、興味のある方はImageOptim v1.8やsvgcleanerのGUIを試してみてください。