Mac用画像圧縮アプリ「ImageOptim v1.7 beta」が公開。Node.jsベースのSVG最適化ツール「SVGO」を利用可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 Mac用画像圧縮アプリ「ImageOptim」のv1.7 betaを公開され、Node.jsベースのSVG最適化ツール「SVGO」を使用し、SVGの最適化が可能になっています。詳細は以下から。


 ImageOptim for MacはKornelさんが開発&公開しているオープン・ソースのMac用 画像圧縮アプリで、v1.6ではYosemiteやMozJPEGをサポートし、最近ではWebAPIを公開していますが、このImageOptimがv1.7 betaでNode.jsベースの「SVGO」を使用しSVGの最適化に対応すると発表しています。

Warning! This is an unstable preview version of ImageOptim and it may be buggy!

  • SVG optimizations via SVGO.
    • In this alpha build you must have Node.js 7 installed in /usr/local/bin/node and enable SVGO in ImageOptim’s Preferences first.
    • SVGO works best if you enable Lossy mode.
  • Big under-the-hood changes in handling of file inputs and outputs. Affected areas:
    • Display of unoptimized and optimized file sizes (BTW, now % optimized is shown only when some optimizations were done)
    • Restarting optimizations again.
    • Reverting to original.
    • Cleanup of temp files.

Please report bugs if you see something strange happening. Please include log from Console.app.
This version requires at least macOS 10.9 (Mavericks), and full functionality is only available in macOS 10.10 (Yosemite) or later.

What has changed in the latest version – ImageOptim

 現在公開されているImageOptim v1.7 betaではNode.js v7のインストールと環境設定の変更が必要ですが、条件を満たせばSVGO機能を利用することが出来るので、興味のある方はチェックしてみてください。