Paragon、macOS 10.12 SierraでもAPFSフォーマットのストレージをHFS+へ変換できるユーティリティ「APFS to HFS+ Converter」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 ParagonがmacOS 10.12 SierraでもAPFSフォーマットのストレージをHFS+へ変換できるユーティリティ「APFS to HFS+ Converter」をリリースしています。詳細は以下から。

Paragon APFS to HFS+ Converter

 ドイツParagon Softwareは現地時間2018年07月03日、AppleがmacOS 10.13 High Sierraで採用した新しいファイルフォーマットAPFSのストレージを既存の「HFS+」フォーマットへ変換できるユーティリティアプリ「Paragon APFS to HFS+ Converter」を新たに公開したと発表しています。

Paragon APFS to HFS+ Converter

Paragon APFS to HFS+ Converter Features

  • Convert APFS volumes to HFS+ volumes.
  • Create a recovery media in case of system disk conversion.
  • Wizard helps to select the desired volume for conversion, gives you the option to back it up, then quickly performs the conversion.
  • Support of APFS and HFS+ volumes on internal and external disks.

APFS to HFS+ Converter – Paragon Software

スポンサーリンク

APFS to HFS+ Converterの2つの機能

 APFS to HFS+ Converterを利用してみたところ、APFSのストレージを指定するのに加え、一時ファイル置き場となるストレージも指定しなければならないため、「これだとmacOSのディスクユーティリティを利用して変換するのと変わらないのでは?」と思いましたが、APFSが正式にはサポートされていないmacOS 10.12 Sierraでも利用可能で、

APFS to HFS+ Recovery Disk

APFS to HFS+ Converter by Paragon Software easily reverts to the old good HFS+ for your specific scenarios. Create recovery media to boot up your Mac and then convert the system volume.

APFS to HFS+ Converter – Paragon Software

既にAPFSへ変換してしまったシステムボリュームをHFS+へ戻してくれる「APFS to HFS+ Recovery Disk」を作成できる機能があり、900MB以上のUSBや外付けストレージをこのRecovery Diskにして、Macをリカバリーモード(Cmd+R)で起動すると、macOSユーティリティから「APFS to HFS+ Converter」オプションを利用できるようになるそうです。

この機能はまだバギーのようで、macOS 10.13.5のMacでは利用できませんでした。

 APFS to HFS+ Converterアプリは無償ですが、ParagonはYosemiteやEl CapitanでもAPFSフォーマットストレージの読み込みを可能にするAPFS Retrofit Kit for macOSWindows/Linux用の「APFS for Windowsや「APFS for Linuxも有償で提供しているので、APFSフォーマットのストレージを他のプラットフォームで利用したい方はチェックしてみてください。

APFS Retrofit Kit for macOSの使用期限