Apple、macOS Sierraに次期ファイルシステム「APFS」用のユーティリティコマンド「apfs_snapshot」などを同梱。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleはmacOS Sierraに次期ファイルシステム「APFS」用のユーティリティコマンド「apfs_snapshot」などを同梱しテストしている様です。詳細は以下から。


 AppleはWWDC 2016でFlashストレージや暗号化に焦点を当てた新しいファイルシステム「APFS」を発表し、iOS 10.3 betaではファイルシステムが自動的にAPFSへアップグレードるようになっていますが、DTraceの開発者Adam LeventhalさんがこのAPFSのスナップショット機能をテストしていたところ、AppleがAPFS用のいくつかのユーティリティコマンドを用意していることがわかったそうです。

Apple’s hidden gem

We figured out the proper use of the fs_snapshot system call and reconstructed the WWDC snapUtil. But all this time an equivalent utility has been lurking on macOS Sierra. If you look in /System/Library/Filesystems/apfs.fs/Contents/Resources/, Apple has included a number of APFS-related utilities, including apfs_snapshot (and, tantalizingly, a tool called hfs_convert).

Testing out snapshots in Apple’s next-generation APFS file system – Ars Technica

 APFS用のユーティリティコマンドはmacOS Sierraの以下のディレクトリに存在し、”apfs_snapshot”の他に”hfs_convert”や”fsck_apfs”、”newfs_apfs”、”mount_apfs”など見覚えのあるコマンドが見つかったそうです。

/System/Library/Filesystems/apfs.fs/Contents/Resources/

 これらのコマンドはまだプレ・リリースバージョンのため、利用しようとすると以下の様に「今後削除される可能性がある」という警告が出ますが、開発者用のBeta版でなくmacOS Sierra 10.12.3でも確認出来るので、興味のある方はチェックしてみてください。

WARNING: You are using apfs_snapshot utility on pre-release version of the Apple File System called APFS which is meant for evaluation and development purposes only. Please note that apfs_snapshot may be removed in a future release and should only be used for testing.

Testing out snapshots in Apple’s next-generation APFS file system – Ars Technica