ホームオーディオシステム「AirPlay 2」に対応したスピーカーをiOS 11.4搭載のiPhoneやiPadで操作する方法。

スポンサーリンク

 ホームオーディオシステム「AirPlay 2」に対応したスピーカー・デバイスをiOS 11.4搭載のiPhoneやiPadで操作する方法です。詳細は以下から。

AirPlay2対応デバイス

 Appleは現地時間2018年05月29日、iPhoneやiPad向けにiOS 11.4をリリースしましたが、同バージョンではAppleがWWDC 2017で発表したホームオーディオシステムを操作する機能「AirPlay 2」がサポートされました。

AirPlay 2の説明

AirPlay 2

  • 家全体のホームオーディオシステムおよびAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能
  • 家にある複数のAirPlay 2に対応したスピーカーと同期して音楽を同時に再生可能
  • コントロールセンター、ロック画面、またはiPhone/iPad上のApp内のAirPlayコントロールからAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能
  • iPhone、iPad、HomePod、またはApple TVからSiriを使ってAirPlay 2に対応したスピーカーを音声で操作可能
  • AirPlay 2に対応したスピーカーでの再生を妨げることなく、iPhoneまたはiPadで電話に出たりゲームをすることが可能

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

AirPlay 2

 AirPlay 2はSonosのホームサウンドシステムのように、1台のiOS/tvOSデバイス(またはmacOSのiTunes)をハブとしてHomePodやAirPlay 2対応スピーカーなど複数のサウンドシステムに曲をストリーミングしたり、リビングのApple TVに接続されたTVにはPodcast番組を、寝室のHomePodではApple Musicの曲を再生するといったマルチデバイス・コントロールが可能です。

AirPlay 2のシステム条件

 AirPlay 2を利用するにはAppleのAirPlay 2 APIをサポートしたHomePodか、サードパーティ製スピーカーが必要ですが、手軽なところではtvOS 11.4を搭載した第4世代Apple TVやApple TV 4Kでも利用できます。

AirPlay2サポートスピーカー

ストリーミング元(親)

  • iOS 11.4以降を搭載したiPhoneやiPad、iPod touchデバイス
  • tvOS 11.4以降を搭載した第4世代Apple TVやApple TV 4K

ストリーミング先(子)

AirPlay 2の使い方

 iOS 11.4/tvOS 11.4以降のiPhoneやApple TVデバイスでミュージックやポッドキャストを開きます。曲やPodcastを再生してAirPlayのアイコンをクリックし、同じWi-Fi内にあるAirPlayサポートデバイスのリストを表示します。

AirPlay 2の使い方

Apple TVの場合は再生画面でSiri Remoteのタッチパネルを上にスワイプするとAirPlayのアイコンが表示されます。

 AirPlayサポートデバイスのリストで、AirPlay 2をサポートしているデバイスには○マークが表示されるので、そのデバイスで再生したい曲やPodcastを再生したままデバイスをタップします。

AirPlay 2の使い方

 これだけでは通常のAirPlay機能と同じですが、AirPlay 2では他のAirPlay 2デバイスの操作も可能なためコントロールセンターからiPhoneのポッドキャスト・アプリで再生しているPodcast番組をAirPlay 2対応のApple TVに再生させたまま、HomePodではミュージックアプリの曲を再生するといった事も可能です。

AirPlay 2の使い方

 Appleによると、AirPlay 2はAppleおよびApple傘下のBeatsだけではなく、Naim, Bose, Bang & Olufsen, Devialet, Dynaudio, Bowers & Wilkins, Bluesound, Libratone, DenonなどからAirPlay 2をサポートしたスピーカーが販売(またはアップデートで対応)するそうで、

AirPlay対応デバイス

HomePodやAirPlay 2対応スピーカーでは音量調整も可能で、iOS 11.4デバイスでアップデートされたHomePodではHomePodステレオペアという機能もサポートされています。