Macのセキュリティシステム情報をチェックできる「Critical Updates」がXProtectでブロックされたマルウェアの表示やアップデート通知に対応。

スポンサーリンク

 Macのセキュリティシステムのバージョンをチェックできる「Critical Updates」がv1.59にアップデートしています。詳細は以下から。


 Critical UpdatesはUA削除ツール「DetectX」などを開発しているSQWARQのPhilさんが公開しているMac用ユーティリティアプリで、Appleのマルウェア/ウィルスデータベースXProtectや開発者署名を利用しアプリをブロックする「Gatekeeper」など現在利用しているmacOSのセキュリティ機能のバージョンをチェックできる機能がありますが、このCritical Updateがv1.59アップデートでXProtectリストの表示に対応しています。

Critical Updates v1.59のリリースノート

Version 1.59 (26 Feb 2018)

  • New: View menu → XProtect (Cmd-X) opens a window that details the items blocked by XProtect.
  • New: An alert is presented when items are added or removed from XProtect. New items are marked in the XProtect window (available from the View menu or via the keyboard shortcut Cmd-X).

リリースノートより

 Critical Updates v1.59では新たにXProtectでブロックされたマルウェアのリストを[View] → [XProtect Command + X]で表示することが可能になっており、加えてXProtectのリストに変化があった場合通知を表示してくれるようなので、気になる方はチェックしてみて下さい。

Critical Updates のXProtect Viewer