ASUS、外部電源を採用し省スペースでWindows/macOSをサポートしたThunderbolt 3対応eGPU Dock「XG Station Pro」を発表。

スポンサーリンク

 ASUSが外部電源アダプターを採用し省スペースでWindows/macOSをサポートしたThunderbolt 3対応eGPU Dock「XG Station Pro」を発表しています。詳細は以下から。

ASUS XG Station Pro

 台湾ASUSは現地時間2018年01月08日、CES 2018に合わせてThunderbolt 3接続で同社のラップトップPCなどに接続できるeGPU拡張ボックス「XG Station Pro」を新たに発売すると発表していましたが、このXG Station ProはmacOSをサポートするそうです。

XG Station Pro Thunderbolt™ 3 eGPU dock connects graphics cards to Windows and macOS laptops with included 1.5m active Thunderbolt 3 cable

With XG Station Pro it’s easy to upgrade your Thunderbolt 3-equipped computer’s GPU, saving the cost and inconvenience of having to purchase a whole new system. Modern Windows systems are compatible with NVIDIA® GTX™ and AMD® Vega cards, while macOS systems will work with AMD Vega and other cards*.

XG-STATION-PRO | Graphics Cards Accessory – ASUS Global

 XG Station Proの特徴は電源にSFXなどの標準規格の電源は採用せず、独自の330W外部電源アダプターを採用することでGPUと電源の熱源を切り離し効率よくGPUを冷却できる他、37.5 x 10.7 x 20.5 cmというコンパクトなエンクロージャーデザインになった点で、ASUSが販売しているROG GamingやZenBook、IntelのNUC Kit、Thunderbolt 3を採用したMacBook Proなどとの互換性があるそうです。

XG Station Proの外形

 ただし、XG Station ProがmacOSでサポートするeGPUはAppleがmacOSでサポートするAMD系のGPUで、330Wという電源容量のためeGFX Breakaway Puck Radeon RX 570220W電源アダプター同様にエンクロージャーと同サイズの電源アダプターになっていると思われます。

 XG Station Proは現在のところGlobalサイトでのみのアナウンスで価格は公開されていませんが、アメリカやカナダで2018Q1中の発売を予定しているそうです。