Blackmagic Design、Macに搭載されているCPU/GPUのRAWビデオ再生性能をテストできるツール「Blackmagic RAW Speed Test」をリリース。

スポンサーリンク

 Blackmagic DesignがMacのCPU/GPUを利用したRAWビデオ再生性能をテストできるツール「Blackmagic RAW Speed Test」をリリースしています。詳細は以下から。

Blackmagic RAW Speed Test

 オーストラリアの映像機器メーカーBlackmagic Designは現地時間2019年08月08日、新しいDaVinci Resolve v16.1 Betaと共にMacに搭載されているCPU/GPUでどの程度のRAWビデオが再生できるかを評価するツール「Blackmagic RAW Speed Test」を新たに公開したと発表しています。

Blackmagic RAW Speed Test

Blackmagic RAW Speed Testは、コンピューターで負荷テストを行います。これにより、コン ピューターがBlackmagic RAWビデオを再生できる能力を診断し、コンピューターの性能の 現実的な指数を示します。また、コンピューターが扱えるBlackmagic RAWのストリームの数 を判断する上でも役立ちます。Blackmagic RAWは効率的で近代的なコーデックであり、コンピューターのCPUおよびGPU の能力をフルに使用できるように設計されているため、このテストでGPUアクセラレーション の利点を確認できます。Blackmagic eGPUまたはBlackmagic eGPU Proをコンピューター に追加することで、高解像度、高フレームレートでのリアルタイム再生を行いやすくなります。

Blackmagic RAW Speed Testのマニュアルより

 Blackmagic RAW Speed Testは同社が公開しているストレージ評価ツールDisk Speed Testと同じUIですが、測定できる性能はMacに搭載されているCPU/GPUでのBlackmagic RAWフレームのデコード速度で、結果はそのMacが1秒間にデコード可能なフレーム数(fps)とサポートできる解像度リストで表示されます。

Blackmagic RAW Speed Testの結果

 CPUはマルチコアに、GPUはiGPU/dGPUだけでなはくAppleと共同開発したBlackmagic eGPU/eGPU ProなどのeGPUを検出/利用したベンチマークを行うことが可能で、アプリはMac App Storeでも公開されるそうですが現在のところ公開されていないので、CPU/GPU評価をしてみたい方は下記の[Support Center]リンクから → [Latest Downloads] → [Blackmagic RAW Speed Test 1.4]で探してみてください。

Blackmagic RAW Speed Testのマニュアルより