Twitterrific for iOSがアップデートしミュート機能が追加され、Alternate App Icon機能でMacアプリのアイコンをiOSでも利用可能に。

スポンサーリンク

 Twitterクライアント「Twitterrific for iOS」がアップデートし、ミュート機能とAlternate App Icon機能でMacアプリのアイコンをiOSでも利用可能になっています。詳細は以下から。


 Mac/iOS用Twitterクライアント「Twitterrific」シリーズを開発している米The Iconfactoryは現地時間2017年10月26日、iOS用Twitterクライアント「Twitterrific 5 for Twitter」をv5.17.8へアップデートし、Mac版のTwitterrificでサポートしたミュート機能をiOS版でもサポートしたと発表しています。

バージョン 5.17.8 の新機能
NEW FEATURES

  • Added ability to muffle or mute tweets by Twitter client
  • Unlock 3 new app icons by using Twitterrific for Mac

リリースノートより

スポンサーリンク

ミュート

 Twitterrific for iOS v5.17.8で新たにサポートされたミュート機能はメニューからユーザーが任意のワードやルールを決めて特定のツイートを非表示に出来る他、ツイートのアクションメニューからそのツイートをしたユーザーやハッシュタグ、クライアント、URLが含まれたツイートを非表示に出来るようになっています。

Twitterrifc for iOS v5.17.8のミュート機能

正規表現を利用したフィルタ機能も利用できます。(参考 : Regular Expression Filtering in Twitterrific (iOS))

Alternate App Icon

 また、AppleはiOS 10.3から開発者に対しユーザーがアプリアイコンを変更できる「Alternate App Icon」を開放し、Twitterrific for iOSもv5.17.1でこの機能をサポートしていますが、

Twitterrific for iOSに追加されたMacアイコン

今回のアップデートでは新たにThe IconfactoryがリリースしたMac版のアイコン3つが加わり、合計7つのアイコンがホームスクリーンに設定できるようになっているので、ユーザーの方は試してみて下さい。

Twitterrific 5 for Twitterのアイコンチェンジ