バージョン4.0へアップデートされたTwitter公式のMac用クライアントはTwitterによって開発されたものではなく、パフォーマンスの不具合が発生している?

スポンサーリンク

 「新たにアップデートされたMac用TwitterクラアンとはTwitter社が開発したものではありません」という記事をThe Vergeが掲載しています。詳細は以下から。



 The Vergeによると、本日v4.0へアップデートされたMac用TwitterクライアントはTwitter社が開発したものではなく、いわゆる外注(アウトソーシング)により外部の開発者が開発したアプリだそうです。

Development of the Mac app was outsourced to a third-party developer, said Jonathan Wight, a former Twitter employee, in a tweet. The Verge confirmed that the app’s development was outsourced with other people familiar with the matter.

Twitter’s updated Mac app wasn’t made by Twitter | The Verge

 この情報はTwitter社に勤めていたJonathan WightさんやThe Vergeが独自に確認したもので、ある情報元によるとESPNやスターバックス、ニューヨーク・タイムズのアプリなどを開発しているシアトルのBlack Pixelが新しいTwitterクライアントの開発を受注したようです。

One of those people said the developer is Black Pixel, a well-regarded digital studio based in Seattle. Black Pixel’s other clients have included ESPN, Starbucks, and the New York Times, according to its website.

Twitter’s updated Mac app wasn’t made by Twitter | The Verge

スポンサーリンク

その他不具合

 The VergeのエディタCasey Newtonさんは最近では大企業がアプリを外注することは珍しくないとフォローしながらも、今回のアップデートにより多くのユーザーがスクロールの遅延や古い通知の繰り返しログイン時の不具合を報告しているとコメントしており、

But while many users were glad to see the app getting attention, others criticized it for performance issues: laggy scrolling, repeating old notifications, and login issues. If the app doesn’t appear to be totally in harmony with Twitter’s efforts on mobile apps, here’s one possible reason: Twitter didn’t build it.

Twitter’s updated Mac app wasn’t made by Twitter | The Verge

 OS Xのセキュリティを研究しているFrederic Jacobsさんは新しいTwitterアプリ内に広告表示用のコードを発見しているので、今の公式Twitterアプリが気に入っている方はバックアップを取ってからアップデートすることをお勧めします。

関連リンク