High Sierraインストーラのオプションを利用して「HFS+」フォーマットを「APFS」へ変換せず、SSDのMacをHSへアップデートしてみた。

スポンサーリンク

 High Sierraインストーラのオプションを利用して「HFS+」フォーマットを「APFS」へ変換せず、SSDのMacをアップデートしてみました。詳細は以下から。

AppleのHFS+のロゴ

 AppleのmacOS 10.13 High Sierraインストーラの中に確認された“–converttoapfs”を利用して、SSDのMacを「APFS」には変換せず「HFS+」のままHigh Sierraへアップグレードしてみました。インストール方法はHigh Sierraのインストーラアプリをダウンロードして、startosinstallへ以下のオプションを付けて実行、途中アップグレードの同意を求められるので[許可]を選択。

クリックで拡大

/Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/startosinstall --converttoapfs NO --agreetolicense

 後はアップグレードが終わるのを待つだけで、SSDのMacでもHFS+(Mac OS拡張(ジャーナリング))のままHigh Sierraにアップグレードされましたが、プライマリー(ブート)ディスクをHFS+のまましたので、アップグレード後にディスクユーティリティを利用しても「APFSに変換…」オプションが利用できないようになっています。

HFS+のままHigh SierraへアップグレードしたMac

 現在(macOS 10.13)のところAPFSへ変換されたMacでは暗号化(FileVault)されたストレージのパフォーマンスが暗号化されたHFS+のパフォーマンス以下になったり、BootCampとmacOSの切替が「Startup Manager」のみでしかできなくなる問題、UnityやSteamAdobe Illustratorで予期せぬ動作が確認されているので、アップグレードされる方は注意して下さい。

朝から数時間利用してみましたが現在のところ不具合などは出ておらず、今後HFS+からAPFSへ変換したい場合は他のMacや”apfs_hfs_convert”コマンドを利用すれば可能だと思われます(未確認)。