macOS 10.13 High Sierraのインストーラーが作成可能になった「DiskMaker X 7 beta」が公開。

スポンサーリンク

 macOS 10.13 High Sierraのインストーラーが作成可能になった「DiskMaker X 7 beta」が公開されています。詳細は以下から。

DiskMaker Xのアイコン

  DiskMaker X(旧Lion DiskMaker)はOS X/macOSのパッケージ販売されなくなった「OS X 10.7 Lion」用のインストールディスクを作成するために作られたアプリで、現在フランスのGuillaumeさんが中心となって開発が続いていますが、このDiskMaker Xが次期macOS 10.13 High Sierraのインストーラーの作成に対応した「DiskMaker X 7」をリリースしたそうです。

ダウンロードは上記Twitterのリンクより可能。

 DiskMaker X 7はまだBeta版段階で、他のアプリを起動していたり、インストールディスクに使用するUSBメモリがHFS+以外(APFSなど)のフォーマットだとエラーが出るようですが、クリックと管理者パスワードの入力だけでインストールディスクを作成できるので、High Sierra betaを利用されている方はチェックしてみて下さい。

DiskMaker X 7 betaで作成したmacOS 10.13 High Sierraのインストーラー

*不可視ファイルが非表示になっている場合インストールディスクの作成に成功したを確認できないので、利用する方は「CMD+Shift+.」(Sierra以降)で不可視ファイルを表示しておくことをお勧めします。