クリックだけでOS Xのインストールディスクを作成できるアプリ「DiskMaker X」を使用してOS X 10.11 El Capitanの起動ディスクを作成する方法。

スポンサーリンク

 クリックだけでOS Xのインストールディスクを作成できるアプリ「DiskMaker X」を使用してOS X 10.11 El Capitanのインストールディスクを作成する方法です。詳細は以下から。

DiskMaker Xのアイコン


 本日Appleは”Apple Beta Software Program”メンバー向けにOS X 10.11 El CapitanのPublic Betaを公開しました。AppleはOS XのインストールメディアをOS X 10.7 Lionから廃止し、ダウンロード&アップグレードという手法をとっているためインストールメディアが必要なユーザーは個人で作成しなければなりませんが、

関連記事

インストールメディア作成アプリ「DiskMaker X」が以下の方法で限定的ながらEl Capitanのインストールディスクを作成できるということなので試してみました。

必要なもの

 ”DiskMaker X”でインストールディスクを作成するには”Apple Beta Software Program”メンバーに登録しMac App StoreからダウンロードされるPublic Beta版のインストールアプリと以下のものが必要です。

  • DiskMaker X.app (b4またはb5バージョン)
  • 8GB以上のUSBメモリ(またはSDカードなど)
  • Install OS X 10.11 El Capitan Public Beta.app (6GB以上あります)
  • インストールディスク作成用のMac

OS-X-10-11-El-Capitan-Install-Disk

作成手順

  1. まず、DiskMaker X b4またはb5を公式サイトからダウンロードしてインストール。
  2. DiskMaker-X-Install

  3. Mac App Storeからダウンロードした”Install OS X El Capitan Public Beta.app”を”Install OS X Yosemite.app”にリネームします。
  4. Change-OS-X-El-Capitan-to-Yosemite

  5. インストールアプリをリネームした状態でDiskMaker Xを起動し、”Yosemite (10.10)”を選択。自動的にアプリケーションフォルダにあるインストールアプリが検出されます。
  6. Select-version-of-boot-disk
    find-applications-dir

  7. インストールディスクに使用するメディアを選択。選択されたディスクはフォーマットされるので注意して下さい。
  8. DiskMaker-X-Auth

  9. 後は自動的にインストールディスクの作成がプロセスが行われ、作成が終了すると虎の鳴き声とともにインストールディスク フォルダが表示されます(アイコンが表示されず、OS X Yosemiteという名前になっていますがEl Capitanのインストールディスクです)
  10. DiskMaker-X-is-copy-files
    El-Capitan-Install-Diks

 最後に、作成したOS X 10.11 El Capitanのインストールディスクから起動する場合は、Macの起動後 Option(Alt)キーを押し、DiskMaker Xが作成した”OS X Base System”ボリュームを選択してインストールガイドに従って下さい。

Recovery-Disk-Boot-El-Capitan

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    今さっき最新のb6はバグによりPullされたから注意してね。
    >9/7/2015 : Due to a major bug, DiskMaker X b6 was removed.
    ttp://diskmakerx.com
    b4でPublic Beta版のBootドライブも作成できたけど。