macOS High Sierraの写真アプリではiPhotoやApertureのいくつかの機能が復活へ。

スポンサーリンク

 macOS 10.13 High Sierraの写真アプリはiPhotoやApertureのいくつかの機能を復活しているそうです。詳細は以下から。

Appleの写真アプリのアイコン。

 元Macworldの編集長で、現在はSix Colorsやrelay.fmなどを運営するJason SnellさんのmacOS 10.13 High Sierraハンズオンレビューによると、High Sierraの写真アプリでは、Appleは開発を終了したiPhotoやApertureで好評だったいくつかの機能が新たに写真アプリに統合されているそうです。

macOS 10.13 High Sierraの写真アプリ。

This week Apple is unleashing the first public betas of the next versions of its two major operating systems, iOS and macOS, on the world. One of the major areas of improvement in macOS High Sierra is to the Photos app, which is only a couple of years old and has plenty of room to grow.

Hands on with Photos for macOS High Sierra – Six Colors

 macOS 10.13 High Sierraの写真アプリに新たに追加されている機能は以下の通りで、その他にも新しい写真アプリはiOSの写真アプリの機能もいくつか統合されています。

スポンサーリンク

新しい編集機能

 High Sierraの写真アプリでは編集機能が刷新され、Apertureにも搭載されていたカーブと選択カラー機能が新たに追加されています。

High Sierraの写真アプリのカーブ機能

  • フィルタやトリミング, 回転機能はツールバーエリアへ移動。
  • コンテキストメニューには[アルバムへ追加]と[外部編集]メニューが追加。
  • 調整, レタッチ, 赤目修正, ホワイトバランス, レベル, カーブ, 精細度, ノイズ除去, シャープ, ビネット機能がフォルトで表示。
  • カーブと選択カラーはAppleが開発を終了したApertureにも搭載されていた機能。

サイドバー

 写真アプリはライブラリやアルバム, プロジェクトを表示するサイドバーエリアと編集や詳細アイコンなどを表示するツールバーエリア、そして写真を表示するエリアで構成されていますが、High Sierraの写真アプリはこれまでフルスクリーン時に隠されてしまっていたサイドバーがiPhotoの様に常に表示されるように新しいオプションが追加されています。

Sierraの写真アプリのフルスクリーンオプション。

常に表示されているサイドバーを使えば、探しているものがすばやく見つかります。拡張された読み込みビューには、過去に読み込んだすべてのコンテンツが時系列で表示されるので、先月の旅行の写真も簡単に見つけられます。あなたが作ったアルバムも、いつでも見える場所に表示されます。

macOS High Sierraプレビュー – Apple

読み込み履歴

 Sierraまでの写真アプリでは写真を読み込むとサイドバーに[最後の読み込み]という項目が表示され、最も最近読み込んだ写真の一覧を表示することが出来ますが、High Sierraの写真アプリでは新たに[読み込み]という項目に変更され、iPhotoの[最近12ヶ月]と同じように読み込んだ日付別に写真を表示出来るようになっています。

iPhotoの最近12ヶ月に読み込んだ写真。

This is the new import-history feature, so if you remember you imported a bunch of photos a few weeks ago, you can scroll back and see everything that came into your library from that batch.

Hands on with Photos for macOS High Sierra – Six Colors

サードパーティ製アプリ

 写真をサードパーティ製アプリで開く機能はiPhotoから写真アプリへ移行する段階で廃止されていましたが、High Sierraの写真アプリではこの機能が復活しており、そこで編集した画像は自動的に写真ライブラリへ保存され、同時にオリジナルの写真も保存されるようになっています。

写真アプリからPhotoshop CCを開く。

Support for third-party edits. In the transition from iPhoto to Photos, the ability to edit a photo in an outside app and then save it back into your photo library was lost. It’s back now, and it’s better than it ever was in iPhoto.

Hands on with Photos for macOS High Sierra – Six Colors

El Capitanで導入された写真アプリの編集用機能拡張もこれまで通り利用可能です。

フィルター

 High Sierraの写真アプリでは写真のフィルタリング機能も復活します。フィルタリング機能はライブラリから「お気に入り」や「編集済」、「写真」、「ビデオ」などのコンテンツを抽出し、バッチ処理を行うことも可能になっています。

High Sierraの写真アプリで復活したフィルタ機能。

あなたの写真のコレクションを絞り込む時は、好きな条件を使ってすばやく行えます。新しいセレクションカウンタはあなたが選んだ写真を覚えておくので、集められた画像をアルバムにドラッグ&ドロップしたり、デスクトップに書き出すのが簡単です。

macOS High Sierraプレビュー – Apple

メモリーとピープル

 また、High SierraおよびiOS 11の写真アプリではディープラーニングを利用し、イベントやシーン,物体などを自動的に解析しコレクションとしてまとめてくれる「メモリー」機能や似た顔を自動的にまとめてくれる「ピープル」機能が改善されているので、これまでの写真アプリの機能が物足りなかった方はチェックしてみて下さい。

High Sierraの写真アプリのピープルとメモリー機能。

コメント

  1. 匿名 より:

    ドラッグ&ドロップ機能は??