FTPクライアント「Cyberduck」が次期v6.0アップデートで「Microsoft OneDrive」をサポート。

シェアする

スポンサーリンク

 FTPクライアント「Cyberduck」が次期v6.0アップデートでクライアントサイド暗号化手法「Cryptomator」に続き、「Microsoft OneDrive」をサポートすると発表しています。詳細は以下から。


 Cyberduck(関連記事)は独iterate GmbHが2001年から開発を続けている老舗のMac用FTPクライアントですが、このCyberduckがクライアントサイド暗号化手法「Cryptomator」に続き、「Microsoft OneDrive」もサポートすると発表しています。

The next major release of Cyberduck will support connections to Microsoft OneDrive. This includes support for both OneDrive Personal and OneDrive Business.

Microsoft OneDrive – Cyberduck Blog

 Cyberduck v6.0は現在Snapshot Build段階ですが、Dropboxと同様に全てのファイルをローカル(Mac/PC)と同期しなくても、ファイルを取扱うことが可能となっているので、興味のある方はSnapshotをダウンロードしてみてください。