2002年から開発が続くMac用FTPクライアント「Cyberduck」がApple Siliconをネイティブサポートし再びUniversal Binaryに。

スポンサーリンク

 2002年から開発が続くMac用FTPクライアント「Cyberduck」がApple Siliconをネイティブサポートし再びUniversal Binaryなっています。詳細は以下から。

Cyberduck for Big Sur

 スイスiterate GmbHは現地時間2021年11月25日、同社が2002年から開発を続けているMac/Windowsのクロスプラットフォームに対応したFTPクライアント「Cyberduck」とクラウドストレージをローカルストレージのようにマウントできる「Mountain Duck」が、それぞれCyberduck v8.1.0とMountain Duck v4.9.0でApple Siliconをネイティブサポートしたと発表しています。

Cyberduck 8.1 Native Support for Apple Silicon

The latest versions of Cyberduck and Mountain Duck now run natively on Apple M1 hardware. Thus we are again shipping a universal binary on macOS since dropping support for PPC and Intel 32-bit (i386) in version 4.4 released in October 2013.

Embracing Apple silicon – Cyberduck Blog

 FTPクライアントは古くから利用されているため上には上がいますが、これによりCyberduckはRosettaでPPCとIntel 32-bit (i386)をサポートしていたCyberduck 4.3.x以来のUniversal Binaryなり、今度はRosetta 2でIntel 64-bit (x86_64)とApple Silicon (arm64)をサポートしているので、古いmacOS/OS Xでも動くFTPクライアントをお探しの方は試してみてください。

Embracing Apple silicon

Cyberduck v8.1.0では最小システム要件がOS X 10.9 MavericksからmacOS 10.12 Sierra以降に引き上げられています。