macOS Sierraへアップグレードする前の注意点まとめ。

スポンサーリンク

 macOS Sierraへアップグレードする前に確認しておきたい機能や、注意点をまとめました。詳細は以下から。

macos-sierra-new-features-hero-v3

 日本時間2016年9月21日にリリースされるmacOS 10.12 Sierraでは様々な新機能や利便性・パフォーマンスの向上が行われていますが、そのアップグレードに伴いいくつかの機能が廃止され、新機能が原因の不具合が発生しているようなので、それぞれ注意点をまとめました。

システム要件

 AppleはmacOS 10.12 SierraでアップグレードできるMacのハードウェア条件をEl Capitan時のハードウェア条件から引き上げ、Late 2009以降のiMacおよびMacBook, Mid 2010以降のその他のMacがアップグレードできるようになっていますが、

OS X 10.11
El Capitan
macOS 10.12
Siera
MacBook Late 2008アルミニウム製
またはEarly 2009以降
Late 2009以降
MacBook Air Late 2008以降 Mid 2010以降
MacBook Pro Mid/Late 2007以降 Late 2010以降
iMac Mid 2007以降 Late 2009以降
Mac mini Early 2009以降 Mid 2010以降
Mac Pro Early 2008以降 Mid 2010以降

これに加えてOSのシステム要件もEl CapitanのOS X v10.16.8 Snow Leopard以降から「OS X v10.7.5 Lion以降」へと引き上げられているため、古いMacBook Late 2009をSnow Leopardで利用している方はLionへのアップグレードを事前に行う必要があります。

macos-sierra-el-capitan-require

新機能が利用できない

 SierraではContinuity機能の一部としてiOS 10デバイスとクリップボードを共有できるユニバーサルクリップボードやAppleWatchによるMacの自動ロック解除機能が加わりますが、これらの機能はそれぞれ別々のシステム要件があるため、以下の条件を満たしていなければSierraへアップグレードても新機能は利用できません。

macOS 10.12
Sieraサポート
ユニバーサル
クリップボード
AppleWatchによる
自動ロック解除
MacBook Late 2009以降 Early 2015以降 Mid 2013以降
MacBook Air Late 2010以降 2012以降
MacBook Pro Mid 2010以降
iMac Late 2009以降
Mac mini Mid 2010以降
Mac Pro Mid 2010以降 2013以降

ネットワーク

 既にリリースされたiOS 10でも非サポートとなったPPTPプロトコルによるVPN接続がSierraでも非サポートとなるため、一部のプロバイダーや学校や企業などでアップグレード後に支障が出る恐れがあります。

PPTP-VPN-System-Pref

Gatekeeper

 AppleはWWDC 2016のセッション706”What’s New in Security”でmacOS/iOSのセキュリティ機能をアップデートすると発表し、その中の1つにmacOSのGatekeeperが含まれていますが、このアップデートにより以下の仕様変更が行われます。

WWDC-2016-706-Changes-to-Gatekeeper

 Sierraで変更される機能はシステム環境設定の[セキュリティとプライバシー]設定で、Sierraでは「すべてのアプリケーションを許可」オプションが削除され、署名がされていないアプリ(いわゆる野良アプリ)が開けない状態になります。

macos-sierra-unknow-dev-app-gatekeeper

 Appleは今回のアップグレードで非署名のアプリを完全には締め出さない方針を示しているので、ユーザーがシステム管理者の場合、以下のコマンドでこのオプションを再度有効にすることが出来ますが、1台のMacを家族などで共用している場合には注意して下さい。

sudo spctl --master-disable

*再度有効にするには

sudo spctl --master-enable

Java

 Appleは昨年、OS X 10.11 El Capitanをリリースする際に「OS X 10.11 El CapitanをOracleが2013年にサポートを打ち切ったJava 6のサポートする最後のOS Xとする」と発表し、Oracleも開発者に注意を促していますが、

el-capian-last-os-support-java

Mac OS XおよびApple Java 6のサービスの終了
Appleは、Mac OS X 10.11(El Capitan)はJava 6をサポートする最後のOS Xリリースになる予定であり、したがって、Java 6に依存するアプリケーションの開発者には、Oracleが提供する新しいJavaバージョンにアプリケーションを移行することを推奨するという通知を発表しました。 »詳細(apple.com)

Javaのインストールと使用に関するMac OS Xの情報

現在でも古いAdobe CSシリーズやEclipse、Flash BuilderなどがJavaのランタイムを必要としており、Adobeは昨日CS6シリーズがSierraに対応しておらず、必要システム構成外なると発表したため、ユーザーの方は周囲の動作報告を確認してからアップグレードする事をお勧めします。

good-bye-adobe-cs-6-after-sierra

Adobe CSシリーズはEl Capitanからのアップグレードなら動作しているという情報もあります。

HFSがサポートを終了

 1985年に公開されたMac OS標準フォーマット「HFS」がSierraでサポートを終了します。これに伴いSierraではHFSの読込み機能も利用できなくなります。

Mac-OS-10-7-Lion-Disk-Utility-support-format

QuickTime APIが削除

 ”OS X v10.12 API Diffs”によるとAppleはSierraでQuickTime APIを廃止するため同APIを利用したアプリなどが利用できなくなると思われます。

QuickTime-APIs-for-Swift

QuickTime Playerは既にiOSと同じAV Kit/AV Foundationへ移行しています

Rootless

 AppleはOS X 10.11 El Capitanでシステム整合性保護機能(通称”Rootless”)を導入し、rootユーザーでも”/bin”や”/usr”などシステム保護管理下にあるディレクトリを操作できなくしていますが、これに伴いシステム保護ディレクトリにある非Apple製のファイルやコマンドが強制的に移動させられる仕組みがEl Capitanに組み込まれています。

el-capitan-migration-of-third-party-content-hero

これはSierraでも同様のため、Yosemite以下のOSからSierraへアップグレードを行うユーザーはHomebrewなどパッケージやバイナリの取扱に注意してください。

iCloud

 SierraおよびiOS 10ではContinuityの機能が強化され、iCloud Drive経由で「デスクトップ」および「書類」フォルダ内のファイルを同期できるようになりますが、アップグレード途中にこの機能を利用するかの案内が表示されます。

icloud-drive-update-after-sierra

この機能を理解せずONにしてしまうと、デスクトップに散らばったファイルや書類フォルダ内に保存されている仮想マシンなどの巨大なファイルがiCloud上へアップデートされてしまうので、この機能はデスクトップや書類フォルダを整理してから利用する事をお勧めします。

アップグレード後、ONにすることが可能です。

不具合

 AppleはmacOS SierraでGPUドライバやプレビューアプリ(PDFKit)、Finderなどのアプリをアップデートしていますが、これに伴い複数のアプリや機能に不具合が発生しています。Sierraで発生している不具合については▶こちらを参照ください。

アプリの対応

 WWDC 2016でmacOS SierraのBeta版が公開されて以来、多くのアプリがSierraに対応したアップデートを提供していますが、現在もまだキーボードカスタマイズツール「Karabiner」やセキュリティアプリ「ESET」、PFUのScanSnap、KORG製品などが動作確認が取れていない、

または不具合があるとしてアップグレードを控えるように通知しているので、仕事なので必要なアプリや機材がある方は公式サイトおよびRoaringAppsなどのWebサイトで情報を集めてみてください。

roaringapps-support-sierra

 この他にも毎年問題になっているプリンタードライバーの対応状況などがまだ出ていないため、Sierraへアップグレードする方は必ずTime Machineでバックアップを取ってからアップグレードを行うことをお勧めします。

コメント

  1. 匿名 より:

    情報助かります

  2. 匿名 より:

    延命しながら使ってるMBPを買い換えたいけど
    OSレベルでの制約が煩わしいそう
    アプリが動けばスノレパでも問題ないんだよね・・・

  3. 匿名 より:

    これはありがたい

  4. 匿名 より:

    オフラインで使うならスノレパでも問題ないかもしません
    ネットに繋いで使うのは…。

  5. 匿名 より:

    非署名のアプリでも右クリック>開くから個別に許可できますよ
    gatekeeperまるごと停止するよりいいと思います

  6. 匿名 より:

    うちのiMac Early2008も今回のアップデートで切られちゃったし、
    スクロールがもたつき気味のEl CapitanからMavericksに戻そうかしら(戻せるかどうかは別として)

  7. 匿名 より:

    システム要件の欄ですが、macOS 10.12 SierraについてはMacBook Air と MacBook Proは逆ですよ。OS X 10.11 El Capitan は正しいようですが。

    MacBook Pro Mid 2010がmacOS 10.12 Sierraに対応する予定となっていたから、
    「いま利用している機種で新しいmacOSを利用できそうだな」
    とバッテリーパックを入れ替えて備えたのに、
    「あれ?利用できるなくなっている?」
    って、びっくりして公式サイトで調べましたよw

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      該当箇所修正しました。
      Wordpressのキャッシュがクリアされれば反映されると思います。

  8. 匿名 より:

    シマンテックが使えなくなりまいた。

  9. 匿名 より:

    プレビューでpdfを開くと塗り潰しに細かなラインが入るようになった。アクロバットでは大丈夫。

  10. 匿名 より:

    シマンテック普通に使えてるけど? sierra入れる前にアップデートしとく必要がある。

  11. 匿名 より:

    Sierra同志にしたところiMac Late 2009でTarget Display Modeが動かなくなりました。相手はMacMini最新の2.6GHz/1Tモデル。

  12. 匿名 より:

    El CspitanからSierraにしてから毎日プリンターのドライバーが消える。再起動すればなんとか戻るけど、毎日なので煩わしい。Javaのインストールが〜ってのも出る。もう何回かインストールしてるんだけどな。

  13. 匿名 より:

    Sierra,やめたほうがいいですか?今、キャプテン。

  14. 匿名 より:

    EL Capitanで保存したQuicktime形式の動画は
    Sierraでは再生できないのですか?