Google、Safariの不具合を利用してiPhoneを再起動、Macをメモリ不足へ追い込むサイト「CrashSafari」のショートリンクを無効化。

スポンサーリンク

 GoogleがSafariの不具合を利用してiPhoneを再起動、Macをメモリ不足へ追い込むサイト「CrashSafari」のショートリンクを無効化したようです。詳細は以下から。


CrashSafari-com-on-Mac-Hero


 先月末、Uberのエンジニアが冗談で作成したSafariの不具合を利用しiPhoneやiPadをクラッシュ、Macをメモリ/ディスク不足へ追い込むサイト「CrashSafari」がTwitterなどのSNSで拡散され話題[1, 2]になりましたが、F-SecureによるとGoogleはこのCrashSafariのショートリンク規約違反とし無効化したそうです。




 Googleの統計ではショートリンクを無効化するまでの約1週間に75万回以上のクリックがあったようで、Twitterも既にこのURLをツイートできないようにしていますが、crashsafari.com/など別のショートリンクはまだ利用できるようなので、知らないメールやメッセージにあるショートリンクをクリックする際は注意してください。


Google-block-CrashSafar

http://goo.gl/78uQHK – this goo.gl shortlink has been disabled. It was found to be violating our Terms of Service. Click here and here for more information about our terms and policies respectively.

関連リンク

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

複数のスパムフィルタをかけていますので、コメントが反映されない場合はコンタクトフォームでご連絡下さい。