Safariの不具合を利用してiPhoneをクラッシュ/Macをメモリ不足へ追い込むサイト「CrashSafari」は22歳のエンジニアが冗談で作成したもの。

スポンサーリンク

 Safariの不具合を利用してiPhoneをクラッシュさせ、Macをメモリ/ディスク容量不足へ陥らせるサイト「CrashSafari」は22歳のエンジニアが冗談で作成したものだそうです。詳細は以下から。


Safari9-New-Web-Inspector-Hero


 Safariがクラッシュする話題が続いてしまっていますが、昨日話題になった「CrashSafari」というサイトの開発者が米WIREDのインタビューに答えたそうです。CrashSafariを開発したのはサンフランシスコに住むUberのエンジニアMatthew Bryantさんで、彼はあるコードのテスト時にこの不具合を発見。

Crashsafari was created by Matthew Bryant, a 22-year-old working in application security in San Francisco. “In my spare time I often test how browsers will handle odd code that gets thrown at them,” says Bryant. He stumbled on the bug independently, he says, and made the browser- and phone-crashing sites “purely as a joke.”1

1Updated 1/25/2016 1:20 EST with information about Crashsafari’s creator.

Hack Brief: Don’t Be Trolled by This iPhone-Crashing Link Meme | WIRED

 その後、完全ジョーク”purely as a joke”としてこのサイトを作成したそうで、これが短縮リンクにされTwitterなどで広がってしまったそうです。ちなみにこのサイトはたった13行のHTML/JSコードで作成されていますが、10万個のURLをSafariの履歴に入れるため、合計で約25GBのメモリを使用することになるそうです。


cs-code-640

That’s because there are 100,000 entries in the history list, each taking an average of about 250KBytes, for a total of about 25GBytes of memory.

Do not share the link that crashes iPhones and Mac browsers – Naked Security

 セキュリティ企業Sophosが運営するブログ「Naked Security」ではこのサイトについて詳しく解説しているので、興味がある方はSophosのブログへどうぞ。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    ちょうどSafariのバグのせいでこっちに飛び火しそうだな

  2. Apple7743 より:

    たった13行・・・

  3. Apple7743 より:

    楽しそう
    いい仕事したね

  4. Apple7743 より:

    13行どころか、スクリプト部分は5行だね!

  5. Apple7743 より:

    俺もプログラム覚えたてのころに似たようなの作ったな。
    友達の困った反応を楽しむだけだったが、今はネット環境が充実してるから・・・