Apple、開発者向けにOS X 10.10.2の6th Beta「OS X Yosemite 10.10.2 (14C106a)」をリリース。ファイルサイズは過去最大。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けにOS X Update Seed 10.10.2の6th Beta (14C106a) の配布を開始しています。詳細は以下から。


OS-X-Yosemite-14C106a

 OS X 10.10.2 6th BetaのBuild Numberは14C106aで、5th Betaに引き続きフォーカスエリアにはWi-Fi, Mail, VoiceOver, Bluetoothが挙げられています。(ちなみにMac App Storeに表示されるフォーカスエリアはBluetoothが含まれていないので、Dev CenterのSeed Noteを参照してください。)

Focus Area

– Wi-Fi
– Mail
– VoiceOver
– Bluetooth

 また、このアップデートはファイルサイズが564MBありOS X YosemiteのBeta版としては過去最大で、インストールするには3.78GBのディスク領域が必要となり、インストール後はMacの最適化が行われます。


OS-X-Yosemite-14C106a-Update-Capacity

Weights in at 564MB (larger than some prior seeds) – 9to5Mac

 アップデートはMac App Store経由で配布され、今までのOS X アップデートスケジュールは以下の通りです。
・2014年11月04日:OS X Update Seed 10.10.1 (14B17)

・2014年11月11日:OS X Update Seed 10.10.1 (14B23)

・2014年11月18日:OS X Update 10.10.1 (14B25)

・2014年11月21日:OS X Update Seed 10.10.2 (14C68k)
・2014年12月05日:OS X Yosemite 10.10.2 (14C78c)

・2014年12月12日:OS X Yosemite 10.10.2 (14C81f)

・2015年01月08日:OS X Yosemite 10.10.2 (14C94b)
・2015年01月14日:OS X Yosemite 10.10.2 (14C99d)
・2015年01月21日:OS X Yosemite 10.10.2(14C106a)

関連リンク:
OS X Yosemite 10.10.2 (14C99d) Now Available – Apple

OS X Yosemiteにアップグレードした一部のMacでWi-Fiが遅くなる不具合を一時的に解消するMac用アプリ「WiFriedX」が公開b.hatena

「Appleのソフトウェアへの不満」はOS Xの開発方法にフェデリギの「スプリントシステム」が採用されたからではないか?という匿名の元OS X開発者の書込みが面白いb.hatena