Apple、開発者向けにWi-Fiの不具合に焦点を当てたOS X 10.10.2の2nd Beta「OS X Yosemite 10.10.2 (14C78c)」をリリース。

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けにOS X Update Seed 10.10.2の2nd Beta (14C78c) の配布を開始したそうです。詳細は以下から。です。詳細は以下から。


OS X Yosemite 10.10.2 (14C78c)


 9to5Macによると、このアップデートはBuild 14C78cで、”Focus Areas”はOS X Yosemiteにアップグレード後に繋がりにくくなると報告のあるWi-Fib.hatena、パッケージサイズはOS X 10.10.1(297.1MB)より大きい470MBとなっているそうです。

The seed notes for build 14C78c say that testers should focus on Wi-Fi connectivity, indicating that Apple has done some work in that area to resolve outstanding issues.

 このアップデートはMac Developer CenterまたはMac App Store経由で配布され、今までのOS X アップデートスケジュールは以下の通り

・2014年11月04日:OS X Update Seed 10.10.1 (14B17)

・2014年11月11日:OS X Update Seed 10.10.1 (14B23)

・2014年11月18日:OS X Update 10.10.1 (14B25)

・2014年11月21日:OS X Update Seed 10.10.2 (14C68k)
・2014年12月05日:OS X Yosemite 10.10.2 (14C78c) 

関連リンク:
OS X Yosemite 10.10.2 (14C78c) Now Available – News and Updates – Apple Developer

コメント

  1. Apple7743 より:

    てかApple製品って昔っからWi-Fi親機との相性激しいよなw
    規格は規格なんだからちゃんと守って実装してくれよ

  2. Apple7743 より:

    その手のトラブルに全く遭遇していないMacユーザが、秒速20センチくらいでゆっくり通過しますよ〜
    マジでWi-Fi機器とのつながりは安定している。IODATAの製品。

  3. Apple7743 より:

    ルーターはNECを使ってる。
    バッファローは相性ある印象。

  4. Apple7743 より:

    こちらもNECでMac iOS ともに安定してたが
    10.10.1で1日1回くらい勝手に切れるようになった
    設定消して再設定して以降は問題無し