Apple、開発者向けにいくつかの不具合を修正した「OS X Update Seed 10.10.2 (14C68k)」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けにOS X Update Seed 10.10.2の1st Beta (14C68k) の配布を開始したそうです。詳細は以下から。です。詳細は以下から。


OS-X-10-10-2-14C68k


 9to5Macによると、このアップデートはBuild 14C68kで、OS X Seed 10.10.1と違い”Focus Areas”は記載されておらず、パッケージサイズはOS X 10.10.1(297.1MB)より大きい422MBとなっているそうです。

Apple has pushed the first beta build of OS X Yosemite 10.10.2 out to AppleSeed users and developers. The update has a build number of 14C68k and weighs in at 422 MB. Last week the company released version 10.10.1 to the general public.

 このアップデートはMac Developer CenterまたはMac App Store経由で配布され、今までのOS X アップデートスケジュールは以下の通り

・2014年11月04日:OS X Update Seed 10.10.1 (14B17)

・2014年11月11日:OS X Update Seed 10.10.1 (14B23)

・2014年11月18日:OS X Update 10.10.1 (14B25)

・2014年11月21日:OS X Update Seed 10.10.2 (14C68k)

関連リンク:
Apple seeds first beta of OS X Yosemite 10.10.2 with build number 14C68k – 9to5Mac

OS X Yosemite 10.10.1にアップデートしたMacでも、まだ一部のユーザーからはWi-Fiに接続できない不具合が報告されるb.hatena