Apple、開発者向けにWi-Fiや通知センターの不具合に焦点を当てた「OS X Update Seed 10.10.1」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けにOS X Yosemite初のアップデートとなるOS X Update Seed 10.10.1 (14B17)の配布を開始したそうです。詳細は以下から。


Pre-release: OS X Update Seed 10.10.1 (14B17)


 MacRumorsによると、このBetaアップデートは主にWi-FiやMail, 通知センターの不具合を修正するようで、Mac App Store経由でアップデート可能になっているそうです。

Focus Areas
・Wi-Fi
・Exchange accounts in Mail
・Notification Center

 Wi-Fiの不具合については、セキュリティ会社Sophosなどがpingの様な小さなパケット通信はできるものの一定サイズのブロックを持った通信が遮断されると報告しているので、次回のアップデートではこの不具合が修正されるかもしれません。

関連リンク:
Apple Seeds First OS X 10.10.1 Yosemite Beta to Developers – MacRumors

OS X Yosemiteにアップグレードした一部のMacでWi-Fiに接続できない(遅くなる)不具合とそのチェック用スクリプトb.hatena