Safari 10.1には検索エンジンが「Google」以外に設定できない不具合があるもよう。

スポンサーリンク

 Safari 10.1には検索エンジンが「Google」以外に設定できない不具合があるようです。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2017年03月27日、macOS Sierra 10.12.4およびOS X El Capitan, Yosemite向けにCSS GridやFetch, ECMAScript 2016/2017をサポートした「Safari v10.1」をリリースしましたが、このバージョンのSafariは検索エンジンがGoogle以外に設定できない不具合があるようです。

@AppleSupport Bug in Safari macOS 10.12.4

Iestyn Lloydさんのツイート – Twitter

 現在のSafariは環境設定メニューの[検索]タブからGoogle, Yahoo, Bing, Baidu, DuckDuckGoなどの検索エンジンが選択できますが、Safari v10.1ではこの検索エンジンをGoogle以外に設定しようとすると、Googleにプルダウンメニューが戻ってしまうようで、

確認してみたところこの不具合は最新のmacOS Sierra ~ OS X Yosemiteに提供されているSafari v10.1で発生しており、それ以前のバージョンでは上図の通り設定可能でした。

コメント

  1. 匿名 より:

    自分のところでは再現しない

  2. 匿名 より:

    この不具合先週公開されたSafari Tech Previwにもありますよ。
    既にバグレポート送ってたんだけど修正間に合わなかったみたいね。

  3. 匿名 より:

    全てのユーザにこの現象が発生するわけではなさそう
    自分のMacではそんなトラブルは起きなかった

  4. 匿名 より:

    El CapitanのSafari10.1には画像やテキストをドラッグするとクラッシュする
    不具合もある模様。
    discussionやTwitterなどに報告多数。

    • 匿名 より:

      >El CapitanのSafari10.1には画像やテキストをドラッグするとクラッシュする

      クラッシュしなかったよ
      機種依存性が存在してるっぽいね(GPUか?)

  5. 匿名 より:

    自分も発生しなかった
    システムファイルのどこかがぶっ壊れただけなんじゃ

  6. 匿名 より:

    mini2012ではドラッグで落ちるけどmini2009では落ちない
    >機種依存性が存在してるっぽいね(GPUか?)
    これかね

  7. 匿名 より:

    自分の場合は、なぜか「MagicPrefs」が原因の模様。
    あと、Safari のアドレスと検索欄の「虫眼鏡アイコン」からは検索エンジンが変更可能です。(でも環境設定からは戻せない)