Webサイトのスタイルシートを変更し、ダークモード風にしてくれるSafari機能拡張が「Nightlight for Safari」としてMac App Storeでリリース。

スポンサーリンク

 Webサイトのスタイルシートを変更し、ダークモード風にしてくれるSafari機能拡張「Nightlight」が「Nightlight for Safari」としてMac App Storeでリリースされています。詳細は以下から。


 Nightlightは米アトランタのDavid Wu(Gofake1)さんが2016年から開発しているSafari機能拡張で、Webサイトのスタイルシートを変更し、macOS 10.14 Mojaveで採用されるダークモード風のスタイルに変更してくれる機能がありますが、このNightlightが「Nightlight for Safari」としてMac App Storeで公開されています。

Nightlight for Safari

Nightlight darkens webpages for more pleasant browsing at night.

  • Turn on automatically at set time or sunset
  • Private no syncing or analytics included

This project is available under the MIT License.

Nightlight for Safari – Mac App Store

スポンサーリンク

使い方

 AppleはSafari v12でsafariextz形式の機能拡張を非推奨とし、Safari Extensions Galleryへの登録を2018年12月に終了すると発表しているため、Mac App Storeで機能拡張を配信するよう求めているため、NightlightもMac App Storeでの配信となったようで、使い方はアプリを起動してスタイルシートを暗くする方法をマニュアルか時間帯で指定。

 後はSafariメニューの[環境設定] → [機能拡張]で”Nightlight”を有効にするだけで、マニュアルを選択した場合はSafariのツールバーに表示される”Nightlight”のアイコンで[✅ Darken]か[Toggle for This Page]を選択するだけで、[✅ Darken]を有効にした場合は今後そのWebページ全てにダークモードが適用され、[Toggle for This Page]をクリックした場合は1度だけ現在開いているページをダークモードで確認することが出来ます。

 NightlightのソースコードはMITライセンスでGitHubに公開されており、DavidさんはMac App Storeで公開するために、ホットキーやブラックリストなど一部の機能を削除したそうですが、macOS 10.13 High SierraのSafariでもダークモードを試してみたい方はチェックしてみてください。