macOS 10.14 MojaveのFinderではファイルのサムネイルサイズを変更できるショートカットキーが追加されるもよう。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveのFinderではファイルのサムネイルサイズを変更できるショートカットキーが追加されるようです。詳細は以下から。


 Appleが2018年秋にリリースを予定しているmacOS 10.14 Mojaveではデスクトップ上に散らばったドキュメントを片付けてくれるStacks(スタックス)や、選択したファイルのメタデータなどを表示してくれるGallery View(ギャラリー表示)がFinderで可能になりますが、

macOS 10.14 MojaveのGallery View

このmacOS MojaveのBeta版を利用している開発者やPublic Betaユーザーの方が「macOS MojaveのFinderは(リスト表示で)アイコンサイズを変えられる」とツイートしていたので、「その機能はMojaveより前のmacOSでも利用できるのでは?」と思い調べてみたところ、

macOS MojaveではこれまでFinderのアイコンやリストビュー/Cover Flow表示にコンテキストメニューから[表示オプションを表示] → [アイコンサイズ(を変更)]で変更していたアイコンのサイズに、グラフィックスアプリやSafariなどのブラウザで画面を拡大縮小するのに利用されるショートカットキーCommand + [+/-]キーが割り当てられていました。

 このショートカットキーはアイコン、リスト表示そして新しく採用されるギャラリー表示で利用可能で、アイコン表示は9段階、リスト表示は2段階、ギャラリー表示は3段階でアプリのアイコンやファイルのサムネイルサイズが変更できるようになっているので、Beta版を利用されている方は試してみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 また、AppleでAppKitを開発しているJeff Nadeauさんは、macOS Mojaveでユーザーに開放されるTouch Barの新機能Custom Quick Actionに拡張子の表示/非表示アクションを設定しておくと、もっと便利になるとしてWorkflowとApple Scriptを公開しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

on run {input, parameters}
	tell application "Finder"
		repeat with theItem in input
			set extension hidden of theItem to not extension hidden of theItem
		end repeat
	end tell
	return input
end run

コメント

  1. 匿名 より:

    リスト表示でもアイコン表示並みにサイズ調整できて欲しいなあ