ダークモードや新しいアイコンを採用したmacOSインストーラー作成アプリ「DiskMaker X 8.0.1 for macOS 10.14 Mojave」がリリース。

スポンサーリンク

 ダークモードや新しいアイコンを採用したmacOSインストーラー作成アプリ「DiskMaker X 8.0.1 for macOS 10.14 Mojave」がリリースされています。詳細は以下から。

DiskMaker Xのアイコン

 DiskMaker X(旧Lion DiskMaker)はフランスのエンジニアGuillaumeさんらがAppleがmacOS(Mac OS X)のパッケージ販売を終了したMac OS X 10.7 Lionのインストールディスクを作成するために開発したmacOSインストーラー作成アプリで、クリックだけで簡単に起動可能なmacOSのインストールメディアを作成することができますが、このDiskMaker Xの最新バージョンとなるv8.0.1がリリースされています。

DiskMaker X 8.0.1 for macOS 10.14 Mojave

This build should fix most issues with the infamous error :
Can’t set alias \”Install macOS Mojave:Install macOS Mojave.app\” to {425, 76}.
Be aware though that this issue can still happen if you have a non-complete macOS installer, more info in the FAQ.

DiskMaker X 8.0.1 for macOS 10.14 Mojave available now !

 DiskMaker X v8.0.1は以前のアップデートで対応したmacOS 10.14 Mojaveのインストールメディアを作成できるのはもちろん、Mojaveのダークモードをサポートし、新しいアイコンとMojaveで採用された”System Events”に対するセキュリティ警告を回避するためのマニュアルが同梱されているので、Mojaveのインストールメディアを作成したい方は公式サイトをチェックしてみてください。

DiskMaker X 8.0.1