システム要件を満たしていないMacにもmacOS Mojaveのインストールを可能にするパッチ「macOS Mojave Patcher」がmacOS 10.14.4に対応。

スポンサーリンク

 システム要件を満たしていないMacにもmacOS Mojaveのインストールを可能にするパッチ「macOS Mojave Patcher」がmacOS 10.14.4 Mojaveに対応しています。詳細は以下から。

 Appleは現地時間2019年03月25日、macOS Mojave 10.14.4 Build 18E226アップデートをリリースし、同時にMac App Storeで公開しているmacOS MojaveのインストールアプリをmacOS 10.14.4へアップデートしましたが、

macOS 10.14.4 Mojaveのインストーラー

このバージョンからはインストールプロセスが変更されたため、以下のシステム要件を満たしていないMacにもMojaveのインストールを可能にするパッチmacOS Mojave Patcherが利用できなくなったそうです。

システム要件 macOS 10.12
Siera
macOS 10.13
High Siera
macOS 10.14
Mojave
MacBook Late 2009以降 Early 2015以降
MacBook Air Mid 2010以降 Mid 2012以降
MacBook Pro Mid 2010以降
Mac mini Mid 2010以降 Late 2012以降
iMac Late 2009以降
iMac Pro macOS 10.13.2
High Sierra (17C2111)で発売
2017以降
Mac Pro Mid 2010以降 Metalと互換性のある
GPUを積んだ2010/2012のMac Pro
スポンサーリンク

macOS Mojave Patcher v1.3

 これに対し、macOS Mojave Patcherを開発&公開しているCollinさんはこのパッチ(アプリ)をアップデートし、macOS 10.14.4のインストーラーに対応すると共に、Metal非対応GPUで発生していたアクセレーションの問題と、

macOS Mojave Patcher

2008~2009年製のMac miniやMacBook Airなどに採用されていたBroadcomのWi-Fiモジュール「BCM4321」をサポートし、以前のパッチではMojaveアップグレード後にWi-Fiが利用できなくなっていたMacでもWi-Fiをサポートしたそうなので、古いMacをお使いの方でMojaveを利用したい方やセキュリティアップデートを受け取りたい方は試してみてください。

1.3.0 – 3/25/2019

  • Added support for Mojave version 10.14.4
  • Fixed an issue with graphics acceleration on non-Metal GPUs
  • Added support for previously unsupported Broadcom BCM4321 WiFi modules
  • Includes a new Patch Updater version that introduces a new Patch integrity check feature.

Changelogより

コメント

  1. 匿名 より:

    ウチのMac mini late2009はEl Capitanどまりで、最新のKasperskyやOffice365がサポートされない状況。
    課題だった無線LANがサポートされたのなら、入れてみようかな。