Adobe、macOS 10.14 MojaveとAdobe CCの互換性情報を公開。現在のところPhotoshopで不具合を確認し対応中。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS 10.14 MojaveとAdobe CCの互換性情報を公開しています。詳細は以下から。


 米Adobeは現地時間2018年09月25日、Adobe Creative Cloudの製品がAppleが新たに公開したmacOS 10.14 Mojaveと互換性があるかどうかをテストし、CC製品の最新バージョンは全てmacOS 10.14 Mojaveと互換性があることを確認したとサポートページにて発表しています。

macOS 10.14 Mojave compatibility FAQ | Creative Cloud

Adobe has tested the latest versions of Adobe Creative Cloud applications for reliability, performance, and user experience when installed on Intel-based systems running macOS 10.14 Mojave. The latest versions of all Creative Cloud products are compatible.

macOS 10.14 Mojave compatibility FAQ | Creative Cloud – Adobe

スポンサーリンク

現状

 サポートページによると、Adobe CCのアプリケーションを最初に起動した場合、「”Hogehoge”はMac用に最適化されていません」という警告が出る場合があるそうですが、これはAppleがHigh Sierraで導入した32-bitアプリに対する警告で、AppleはMojaveを32-bitアプリをサポートする最後のmacOSと決めているものの、Mojaveでは32-bitアプリは問題なく動作するため影響はないそうですが、

Adobe Photoshopについてはダークモードが適用されない問題や、FacebookやTwitterへのシェア機能が動作しない問題、“User Consent“による問題などがあるとして、別のサポートページを公開しているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

追記

 AdobeによるとPhotoshop CCに加えてAdobe Acrobat DC/2017およびLightroom Classic/CCでいくつかのマイナーな不具合が生じているそうです。

Adobe JapanがmacOS 10.14 Mojaveとの互換性情報を公開たので、以下リンクに追記しました。ご指摘ありがとうございます。

追記2

 Adobeは現地時間2018年10月01日、Adobe IllustratorおよびInDesignなどにいくつかの問題が確認されたとしてサポートページやパッチを公開しています。

InDesign/InCopy CC 2018 crashes on launch

コメント

  1. 匿名 より:

    シャアの逆襲だ!
    Appleちゃんねるの記事って英語の扱いはやけに流暢なのに、日本語は微妙に間違ってたり誤字が多いよね。外国語人スタッフが多いのかな。