macOS 10.14 Mojave/iOS 12ではSMSで送信されてきた2段階認証コードなどをSafariに自動入力してくれる「Security Code AutoFill」が可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojave/iOS 12のSafariではSMSで送信されてきた2段階認証コードの自動入力が可能になっています。詳細は以下から。

macOSのメッセージアプリ

 現在AppleやGoogleなど多くのサービスがログイン認証に2段階認証をサポートしており、iPhoneに送られてきたSMSに記載されている2段階認証用のコード(ワンタイムパスワード)を入力することで本人確認を行いますが、macOS 10.14 MojaveおよびiOS 12のSafari v12では、この2段階認証用のコードを自動入力する「Security Code AutoFill」機能が搭載されています。

 Security Code AutoFill機能はiOSのメッセージアプリに送られてきた2段階認証用コードをシステムが判定し、Safariのコード入力エリアに自動的に入力してくれる機能で、以下の様にiPhoneに送られてきたSMSをmacOSのメッセージアプリに転送設定しておけば、Macでも利用することができます。

macOS 10.14 MojaveのSecurity Code AutoFill

スポンサーリンク

おまけ

 iPhoneからmacOSへSMSなどのテキストメッセージを送るには、OS X 10.10 Yosemite&iOS 8からサポートされたText Message Forwardingを利用する必要があり、iOSの設定アプリから[メッセージ] → [SMS/MMS転送]のオプションで、メッセージを転送するMacを選択しておく必要があります。

Text Message Forwarding

 また、macOS 10.14 Mojave/iOS 12のSafari v12ではWebサイト間でパスワードを使い回すと警告が表示される機能強力なパスワードジェネレータの利用、iOSキーボードからのPassword AutoFill機能なども利用できるようになっているので、OSをアップグレードされた方は試してみて下さい。