iOS 12ではSiriでフラッシュライトのON/OFFやパスワードマネージャーへのアクセスが可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 iOS 12ではSiriでフラッシュライトのON/OFFやパスワードマネージャーへのアクセスが可能に。ます。詳細は以下から。

High SierraのSiriアイコン

 Appleは現地時間2018年09月17日にリリースしたiOS 12でSiriの機能を強化し、サードパーティ製アプリとの連携が可能なSiriショートカット機能も実装されましたが、iOS 12のSiriではフラッシュライトのON/OFFやパスワードマネージャーへのアクセスが可能になっています。

スポンサーリンク

フラッシュライト

 フラッシュライトはiPhoneに備わっているカメラ用のLEDフラッシュライトのON/OFFが可能になっており、Siriを起動し「フラッシュライトをON/OFFにして」と言うだけでフラッシュライトがついたり消えたりします。もちろん、iOS 11で対応した一部のiPadでもこの機能は利用可能なので、

iOS 12のフラッシュライト機能

HomeKitアクセサリ用のホームハブとして設置しているiPadでSiriの音声起動機能”Hey Siri”を有効にしておけば、突然の停電で真っ暗になってしまっても直接iPadにアクセスすることなくiPadのバッテリーを利用してフラッシュライトをつけることが可能です。

現在のところ輝度のコントロールには対応していません。

パスワード

 また、iOS 12のSiriはパスワードマネージャーを表示する権限も得ています。あくまでも「表示する」だけですが、Siriに「hogehoge.comのパスワードを教えて」と話しかけると、パスコードまたはTouch/Face IDを利用してiPhone/iPadのロック解除を要求し、更にパスワードマネージャーへのアクセスロック解除を要求。

 全て解除されるとiPhoneに保存されたiCloud Keychainのパスワードリストを表示してくれます。Appleの説明によると、この機能によりユーザーは自身が記憶していない強力なパスワードをより確認しやすくなり、当然Siri自身がパスワードを取得して大声で読み上げるといった機能は無いそうなので、iCloud Keychainユーザーの方は試してみてください。

この機能はあくまでも「パスワードマネージャーの表示」までで、保存されたパスワードはユーザーが検索しなければならないようです。

コメント

  1. 匿名 より:

    Siriショートカットといえば、Wi-Fiの完全なオフが可能になっていましたよ。
    ウィジェットに設定する事も可能でした。