AgileBits、iOS 12のPassword Manager APIをサポートし、iOSキーボードからAutoFillが可能になった「1Password v7.2 for iOS」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 AgileBitsがiOS 12のPassword Manager APIをサポートし、iOSキーボードからAutoFillが可能になった「1Password v7.2 for iOS」をリリースしています。詳細は以下から。

1Password for iOSのアイコン。

 Appleは現地時間2018年09月17日、iOSデバイス向けにiOS 12をリリースしましたが、このiOS 12では新たにPassword Manager API (Password AutoFill)」というAPIが追加され、サードパーティ製のパスワード管理アプリに保存したパスワードがQuickTypeバーから利用できるようになったため、パスワード管理アプリ1Passwordが早速このAPIに対応した「1Password v7.2 for iOS」をリリースしています。

Password Manager API

Your Passwords, Right in the Keyboard
With the advent of Password AutoFill your logins from 1Password now appear right in the QuickType bar of your keyboard, meaning you can fill them into websites and apps with just a tap. Simply enable 1Password in Settings app → Passwords & Accounts → AutoFill Passwords and you’ll be ready to rock. You can even create new logins with strong, unique passwords, all without having to open the main

リリースノートより

スポンサーリンク

使い方

 1Password v7.2 for iOSでサポートされたAutoFill機能は、iOS 12にアップグレードしたiOSの設定アプリから[パスワードとアカウント] → [パスワードを自動入力] → [入力を許可] → [1Password ✅]で1Passwordのパスワードを自動入力を許可するだけで、

1Password iOS 12 Autofill

これで今後は、「1Passwordを開いてアカウント名とパスワードをコピーしてSafariに移動してペースト…」という作業をしなくても、iOSキーボードのQuickTypeエリアからアカウントとパスワードを自動入力することができます。

 1Password以外にもLastPassDashlaneなどのパスワードマネージャーがこの機能に対応したと発表しているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    Basic認証にも対応したのがよかった